TOPに戻る。
病名別解説
アトピー性皮膚炎

病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



 アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎に対してはステロイド剤など西洋医学には非常に効果的な薬が有ります。しかし漢方の場合は、症状を抑えるというだけではなく、アレルギーを起こしやすい体質そのものを改善するというところに特徴が有ります。慢性の湿疹・アトピー性湿疹・皮膚炎は難治であるが、漢方薬の長期連用によって落ち着く事も多い。

漢方
ではアトピー性皮膚炎を単に皮膚だけの病気とはとらえずに、身体全体の病気としてとらえ、身体のあらゆる機能のゆがみを正して、身体全体を正常な状態に戻すこと、すなわち体質を根本から改善することが、アトピー性皮膚炎の発症や再発を防ぐ方法であると考えています。漢方には「アトピー性皮膚炎」という病名はなく、その症状皮膚の状態に対する漢方の選択と体質全身状態に対する漢方の選択とを組み合わせる事が必要であり、症状に対しての選択が重要になります。





  アトピー性皮膚炎


消風散
(しょうふうさん)
黄連解毒湯
(おおれんげどくとう)
柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
温清飲(うんせいいん)
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)
大窮黄湯(だいきゅうおうとう)
治頭瘡一方
(ちずそういっぽう)



@消風散:[解説](外科正宗)
本方の、適応する症状を漢方では「血熱(けつねつ)」といって、局部の発赤腫張、強いかゆみ、ときに口渇(こうかつ)を訴える皮膚疾患に用います。頑固な皮膚疾患にも適用します。分泌物があって痂皮(かひ)を形成して、患部は汚く湿潤傾向のもの、夏季に悪化しやすいものに症状に対して選択される。

消風散:「構成」
当帰(とうき):地黄(じおう):石膏(せっこう):  防風(ぼうふう):蒼求(そうじゅつ):木通(もくつう):牛蒡子(ごぼうし):蝉退(せんたい):苦参(くじん):荊芥(けいがい): 甘草(かんぞう):知母(ちも):胡麻(ごま):



A黄連解毒湯:「解説」(外台秘要方)
発疹が赤く、掻きむしりたくなる者に痒み止めとして応用する、身震いするような痒みに対して選択される。

黄連解毒湯:
[構成]
黄連(おうれん):黄今(おうごん): 黄柏(おうばく): 山梔子(さんしし):



B柴胡清肝湯:[解説](漢方一貫堂医学)
一貫堂の経験方で、森道伯先生の蔵方で有る、大人、小児の腺病性体質(感染症にかかり易い)に用い、皮膚病、麻疹後の不調和、アデノイド、アトピー性皮膚炎に症状に対して選択される。
幼児、青年期、思春期などアトピーの体質改善に加減の処方を用いる、Bの温清飲より守備範囲の広い処方になる、証に随って応用する。

柴胡清肝湯:
[構成]
柴胡(さいこ): 当帰(とうき): 芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう): 地黄(じおう): 黄蓮(おうれん):黄今(おうごん): 黄柏(おうばく): 山梔子(さんしし):連翹(れんぎょう): 桔梗(ききょう): 牛蒡子(ごぼうし): 括楼根(かろうこん): 薄荷葉(はっかよう):甘草(かんぞう



C温清飲:[解説](万病回春)
乾燥性で赤みが強く、掻くとぬかの様な粉を吹くアトピー性皮膚炎に用いる、本方は貧血を補い、血行を促進する作用のある四物湯(しもつとう)と実熱を去り炎症を抑える働きのある黄連解毒湯との合方です。本方は皮膚疾患によく用い、本方の適するものは白い粉をふいたような乾燥した丘疹でかゆみがひどく、かき破って出血したりザラザラしたりと云う状態に証に随って応用する。

温清飲
:[構成]

当帰(とうき):地黄(じおう):芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう): 黄連(おうれん): 黄今(おうごん): 梔子(しし): 黄柏(おうぱく):



D荊防敗毒散:[解説](万病回春)
此の処方はアレルギー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹に用いる、発疹はやや隆起し、かゆみ、かさぶた、ニキビ様の湿疹にて、副作用が無く、西洋薬の抗ヒスタミン剤の様に眠くならずアトピー性皮膚炎に、症状に随って応用する。


荊防敗毒散
:[構成]
荊芥(けいがい): 防風(ぼうふう):羌活(きょうかつ):独活(どっかつ): 柴胡(さいこ):前胡(ぜんこ):薄荷(はっか): 連翹(れんぎょう):桔梗(ききょう):枳殻(きこく):川窮(せんきゅう): 金銀花(きんぎんか): 茯苓(ぶくりょう):甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう)



E大窮黄湯:[解説](勿誤薬室方函口訣)
(治頭瘡一方)
中和、解毒の効があるとされ、小児の胎毒に用いる、主として小児頭部湿疹、頭部に限らず、全身性の者、胎毒を下し、諸湿疹に応用する、特に分泌物、掻痒、痂皮を認める者に選択される。

大窮黄湯:「構成」
(治頭瘡一方)

連翹(れんぎょう):川窮(せんきゅう):蒼朮(そうじゅつ):防風(ぼうふう):忍冬(にんどう):荊芥(けいがい):紅花(こうか):甘草(かんぞう):大黄(だいおう):






 乳幼児に漢方の飲ませ方
体質改善は年齢が低いほど容易であると云われます、しかし漢方薬には独特の匂いと味があって小さいお子さんでは飲めない事がありますが、蜂蜜で甘くしてあげたりする方法もあります、又乳児の場合は漢方薬を母親にのんでもらって「経母乳投与」と云う方法があります、もちろん母親にアレルギーが無くても副作用はありません、大人のアトピー性皮膚炎に比べ、乳幼児から学童期では治り易いのでこの時期にしっかり体質改善をお進めします。


 子供に漢方の飲ませ方
 まずは煎じ薬を冷やして飲ませてみて下さい。駄目ならお湯や水で薄めて飲ませてみて、それでも駄目なら麦茶やその他のお茶とブレンドして飲ましてみて下さい。また、煎じ薬をゼリーにして食べさせたりしても良いでしょう。
どうしても煎じ薬は飲めないというお子さんでも粉薬は飲める(もしくはなめる)場合があります。市販の薬を飲みやすくするゼリーやオブラートを用いたりして粉薬を飲ましても良いです。きれいに飲んだら褒めたり、ご褒美をあげることも大切です。色々試してみても駄目な場合には当薬局に相談してください


 犬のアトピー性皮膚炎
動物のアレルギーもよく相談される事がある、アトピー性皮膚炎もその一つである、何例かやって、非常に動物にも効果がある、よく使う処方は体の解毒効果のある、黄連解毒湯の丸薬です、チーズに挟んだりすると食べやすい、かきむしって血が出たり、皮膚が赤みがある時に、服用させると、3ヶ月もすると痒みもとれ、ピンク色の肌に戻り、感謝される事を経験する、基本的には人間と同じである。




◆ 症状治療
アトピー性皮膚炎の主な症状は「皮疹と強いかゆみ」です。かゆみは非常につらい症状ですので、ついに我慢できずに掻いてしまうと、皮膚が傷ついて、そこから細菌が入って感染症を起こし、皮疹の症状がさらに悪化していくという悪循環が起こります。掻かなければ皮膚状態はよくなるので、まずは痒みを抑えることが、治療の第一目標になります。皮膚の状態は
   
頭部に落屑(らくせつ)「大きなふけのように皮膚がぼろぼろと剥がれ落ちる」やびらん(ただれ)のあある状態
皮疹の赤みが強く、熱を持っている状態
すぐ化膿してしまう状態や、逆にカサカサと乾燥してしまう状態

 など人によって様々です、症状の落ち着きが現れる時期は患者さんによって異なります。






◆ 体質治療
皮膚症状が改善してきたら、次は体質改善に重点を移します。「胃腸の働きが弱い、血行が悪い、呼吸器が弱い」などその人の身体に生じているゆがみを正して、身体の働きを正常な状態にもどし、アトピー性皮膚炎を根本から治していきます。胃腸の働きと皮膚がどう関係しているのかと思うかもしれませんが、漢方のみならず、西洋医学的にも両者は密接にむすびついていると考えられています。胃腸は食物を消化、吸収し、エネルギーや筋肉などをつくる重要な役割を担っているとともに、免疫システムの要(かなめ)なのです。そこで、胃腸が弱いタイプのアトピー性皮膚炎と判断された場合は、胃腸を丈夫にする作用のある漢方薬で行います、このように漢方では身体の弱い処を強めたり、身体のゆがみを正すことで体質改善をおこないます。症状も体質も、開始の時期が早ければ早いほど良いといえます。





◆ 根気よく治療を続けること
漢方治療アトピー体質そのものを変えることを最終目標とします。ただし、子供とは違って大人の場合には時間がかかります。気長に続けることが大切です。また、薬だけに頼らずに、日常なケアでできることは自分でやる、という努力も必要です。じっくりと根気よく続けてください。





◆ 食事に注意しよう
戦後アトピー性皮膚炎の増えた原因のひとつとして急激に変化した食生活が挙げられています。副食は魚中心でなるべく根菜類や野菜を多く食べるようにしてください。ただし生野菜、生の果物は身体を冷やしますので注意してください。

  なるべく食べない方がよいもの
      

      ・白砂糖をふんだんに使ったあまいもの
      ・油を多くつかったもの
      ・もち米で作ってあるもの
       (おかき、あられ、おこわ、せきはん、
       大福餅、白玉粉、桜餅、おはぎなどもち米を材料
       にしているものは要注意です。もち米で作ったものは
       アミロペクチンが豊富で膿をより作るためです。)
      ・スナック菓子やファストフードもなるべくとらないように、

  なるべく多目にとった方がよいもの

      ・野菜 
      ・根菜類
      ・大豆類(ただし大豆アレルギーのある人はだめ)
      ・海草類
      ・骨のまま食べられる小魚

  ストレスをためない

アトピー性皮膚炎の患者さんでは受験、就職活動、残業などのストレスによって皮膚症状の再燃や悪化がよくみられます。ストレスは免疫能をテイカさせ、皮膚症状の増悪につながります。規則正しい生活をして、なるべく睡眠時間を、確保し、疲れを次の日に残さないように注意してください。




漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談


考になる処方名


●温清飲 ●治頭ソウ一方  ●消風散  ●大窮黄湯
 ●柴胡清肝湯 ●荊芥連翹湯 ●荊防敗毒散  ●十味敗毒湯  
●柴胡桂枝湯  ●黄蓍建中湯  ●桂枝加黄蓍湯 
●黄連解毒湯 ●五苓散  ●白虎加桂枝湯  ●桂枝茯苓丸  
●桃核蒸気湯  ●加味逍遙散  ●黄連阿膠湯 
 ●黄連湯  ●十全大補湯 

 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・ 

                     病名解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る