TOPに戻る。
病名別解説
アレルギー性鼻炎
花粉症・鼻つまり


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018


  アレルギー性鼻炎について

漢方では花粉症に時期には対症療法花粉の飛んでいない時期には体質改善の二段構えで処方の選択にあたります。

まず証に対して選択が重要になるが、胃腸が丈夫なら急性期には麻黄を含む処方。代表的なのは 小青竜湯加減である。くしゃみ、鼻水がひどく、朝ティッシュが離せないタイプに選択する。鼻づまりが強くうなじや肩がこる人には葛根湯加減が証に対して選択される、又、麻黄剤がうまく奏功しないと時は、柴蘇飲川窮茶調散を考慮する。
 鼻アレルギーには鼻茸(はなたけ)といって鼻粘膜の発赤、ポリープ状の隆起を伴うものが多い。この症状には辛夷清肺湯が症状に対して選択される。 目の痒みの強い場合には越脾加求湯が症状に対して選択される。

一方、胃腸の弱い人には胃腸にやさしい香蘇散、人参湯、黄耆建中湯、当帰芍薬散、苓甘姜味辛夏仁湯,、桂姜棗草黄辛附湯などを証に対して選択する。
鼻アレルギーは後半になると、咽の痛み、鼻汁の粘り、かさぶたなど、になると、桔梗石膏 を鼻の粘膜の炎症に選択する。

花粉症のでない時期には、漢方独特の理論により免疫機構の改善を試みる。 たとえば冷え性胃腸虚弱生理不順むくみなど種々の症状と漢方医学的証から体質別に処方選択する事が必要になる。




 小青龍湯はアレルギー性鼻炎の
ファーストチョイスですが、
小青竜湯ではうまく行かない場合には……?。




◆ アレルギー性鼻炎

辛夷清肺湯
(しんいせいはいとう)
柴蘇飲(さいそいん)
黄耆建中湯(おおぎけんちゅうとう)
桂姜棗草黄辛附湯(けいきょうそうそうおうしんぶとう)
葛根湯加川窮辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
川窮茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)


@辛夷清肺湯:「解説」(勿誤薬室方函口訣)
慢性の副鼻腔炎で炎症の程度が強く、乾燥しているものあるいは化膿性のものには辛夷清肺湯を用います。又、蓄膿症(ちくのうしょう)にも用いる。鼻腔内部に炎症症状が強く、鼻閉息、鼻茸(はなたけ)、肥厚性鼻炎などを証に対して選択します。

辛夷清肺湯[構成]
辛夷(しんい):知母(ちも): 百合(ひゃくごう): 黄今(おうごん): 石膏(せっこう): 升麻(しょうま): 山梔子(さんさし):麦門冬(ばくもんとう): 枇杷葉(びわよう):
<辛夷清肺湯加減「目標」
「症状」:食べ物の香りが分からない。アレルギー性鼻炎、鼻閉が起こり、排気ガスなどの要因、症状として鼻閉があり、水ばなはあまりないが、いびきをかく。

辛夷清肺湯の成分の百合(ひゃくごう)は、鼻に潤いを与え、
鼻つまりを改善する、抗ヒスタミン薬で乾かしてしまうとかえって
鼻つまりがひどくなる者にはこの様な処方が良い。



A柴蘇飲加減:[解説](本朝経験方)
柴蘇飲は香蘇散の加減である、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、風邪、咽の痛み、突発性難聴に用いたり、鼻炎で耳がボーとしたりする時など、副鼻腔炎、蓄膿症、アレルギー性鼻炎に用いる、飲みやすく、癖がなく、胃腸に穏やかである、証に対して選択する、鼻水(痰飲)は胃腸=消化液の痰である、胃の冷えなどの体質があると鼻水が出やすくなる。
※特に小青竜湯・蓄膿などの漢方薬が合わないタイプには考慮する。

柴蘇飲
[構成
香附子(こうぶし): 紫蘇葉(しそよう): 陳皮(ちんぴ): 柴胡(さいこ):半夏(はんげ): 黄今(おうごん): 大棗(たいそう): 人参(にんじん): 生姜(しょうきょう):甘草(かんぞう):
「症状」:小青竜湯を飲むと胃がちくちくして、軟便になる、とにかく耳がボーとしてトンネルに入った様だ、聴力は検査したが問題はない。。胃の弱さは子供の時から有った、神経質な者。
柴蘇飲は(本朝経験)に傷寒後の耳聾を治すと書いてある、突発性難聴、にも、証に随って選択する。



B黄耆建中湯:[解説](気金匱要略)
黄耆建中湯は、アレルギー性鼻炎で虚弱にて疲れやすく、十分眠れない、汗っかき、立ちくらみ、鼻閉、鼻水、の体質に応用し、水毒の原因になる、果物、生野菜、過度に冷やした飲食物を摂取をしないように養生する。

黄耆建中湯
[構成
晋黄耆(しんぎ): 桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく): 大棗(たいそう): 生姜(しょうきょう): 甘草(かんぞう):

(ブログ)花粉症

C桂姜棗草黄辛附湯:[解説](傷寒論)
桂姜棗草黄辛附湯は、アレルギー性鼻炎で陰証にて疲れやすく、背中に悪寒(寒気)、鼻閉、鼻水が透明で流れる様にでる、体質に応用する、身体に腫れぼったさがあり、風邪を引きやすい体質に応用する。

桂姜棗草黄辛附湯
[構成
麻黄(まおう):細辛(さいしん): 附子(ぶし):桂枝(けいし):大棗(たいそう): 生姜(しょうきょう): 甘草(かんぞう):



D葛根湯加川窮辛夷:[解説](本朝経験)
柴葛窮辛はアレルギー性鼻炎、鼻つまり、慢性鼻炎用い。急性、慢性鼻炎、鼻疾患に用い、上気道感染を起こしやすい体質改善に幅広くこの様な処方を選択する。

葛根湯加川窮辛夷
[構成
葛根(かっこん):麻黄(まおう):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく):甘草(かんぞう):辛夷(しんい):川窮(せんきゅう):



E川窮茶調散:[解説](太平恵民和剤局方)
鼻水が流れる様に出る、普段頭痛があり、慢性鼻炎、蓄膿症など、葛根湯、小青竜湯などよりも使いやすく、急性、慢性を問わず、症状に対して処方を選択する。
小青竜湯がうまく行かない状態に考慮する。

川窮茶調散
[構成
川窮(せんきゅう):香附子(こうぶし):白止(びゃくし):羌活(きょうかつ):荊芥(けいがい):防風(ぼうふう):薄荷(はっか):甘草(かんぞう):細茶(さいちゃ):



◆ 食事療法

◆最近注目されていることに食事の内容の見直しがある。 生体にとってなくてはならない必須脂肪酸(リノール酸、αーリノレイン酸)のバランスが注目されている。
 アレルギーの防止の面からはリノレイン酸を多く含む食品を取ると、結果として
アレルギーを引き起こす化学物質の産生を抑えると言うのである。リノレイン酸を多く含む食品として魚、シソ油、海藻などがあげられている。
 
花粉症の悪化にインスタント食品や外食などの偏重が関係すると指摘する人も多い。
冷え性の人は生野菜、果物の取りすぎは鼻水の原因になりやすいので避けみそ汁やニンジン、 ゴボウなど根菜類で体のしんを温めると、
クシャミ鼻水が軽減する。


漢方薬の選択は、下記の問診表にてご相談下さい。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談




参考になる処方

●柴蘇飲 ●葛根湯加川窮辛夷 ●小青竜湯 
●越婢加朮湯 ●辛夷清肺湯 ●香蘇散 ● 人参湯 
●黄耆建中湯 ●当帰芍薬散 ●苓甘姜味辛夏仁湯 
●桂姜棗草黄辛附湯 ●麻黄附子細辛湯 
●川窮茶調散


・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る