TOPに戻る。
病名別解説
慢性膀胱炎
頻尿



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018
 




慢性膀胱炎・頻尿について

泌尿器科で最も多い病気で、男性にくらべて女性にはるかに多い。女性の尿道は男性に比べて短いので、細菌が尿道からはいりやすいためである。
 原因菌としては大腸菌群が多く、ブドウ球菌、連鎖球菌などによるこもある。
 正常の膀胱は細菌が少々侵入しても、炎症を起こしにくいが、体が冷えたり、尿のがまんのしすぎ、過労、感冒などでからだの抵抗力が弱いときに起こりやすくなる。また膀胱結石、異物、腫瘍があったり、前立腺肥大症などで残尿があるときには炎症をおこしやすい。
 膀胱部の圧迫感と疼痛、特に排尿の終わりにはなはだしく、括約筋の痙攣性収縮によって、尿の滞留を来すことがある。また尿意頻数があって、しかも渋って少量しか出ない。尿は白く濁っているか、はなはだしいときは肉眼的血尿を来たす。
 治療は、安静にして、アルコール類、刺激性食品を禁止する。水分を多く摂取させ、尿量を増加する。下腹部をあたためるとよい。膀胱部をあたため、安静にすると排尿痛や頻尿が軽減する。
 膀胱炎を漢名では白濁といっていた。漢方膀胱炎の急性症にのみならず、また繰り返し膀胱炎に感染する体質を改善するのに、証に対して選択する。
又、尿に菌が検出されて、抗生物質で一旦良くなったが根切れにならない者にも、証に対して選択する。

頻尿:膀胱炎でなくとも体験するが、尿検査では異常なく、夏に汗をかいたりして小便が濃くなり、残尿感あったり、ちびる様で気持ちが悪いなど神経性のものと思えるもの、冷え症にて小便が気持ちよくでず、胃腸が弱く、疲れ易いなど証に対して選択する処方がある。




膀胱炎頻尿

五淋散(ごりんさん)
清心蓮子飲 (せいしんれんしいん)

@五淋散:「解説」(万病回春)
尿が出にくく淋れきするもの。混濁した尿や血尿、膿尿(のうにょう)が出たりするものに応用する、女子良く起こる訴えで、夏に発汗が強くなると、尿量が減少し炎症の所見が無くても排尿痛が起こったり、残尿感があって気持ち悪いなど、もちろん菌が検出されたり、菌が根切れに成らない者に証に随って選択する。

五淋散:「構成」
芍薬(しゃくやく): 梔子(しし):茯苓(ぶくりょう):当帰(とうき): 甘草(かんぞう):黄今(おうごん):
◆五淋散加減:「目標」
膀胱炎下腹部の鈍痛、排尿時の痛み、頻尿、時々血尿があり、尿が濁る、発汗した後は必ず自覚症状が強くなる、泌尿器科で抗生物質をのむと尿の菌の験出は収まるが、なかなかさっぱりしない、などの慢性的なものによい。
<五淋散の加減:「構成」

◆五淋散加減=尿に菌が検出されて、抗生物質で一旦良くなったが根切れにならない、また神経性と思われるもの、夏になって汗をかき、尿がでしぶるものに症状に随って加減する。

●加減
沢瀉(たくしゃ):木通(もくつう):車前子(しゃぜんし):滑石(かっせき):地黄(じおう):灯心草(とうしんそう):貝母(ばいも):加減
●加減
慢性的に足が冷える者には、地黄(じおう):牛膝(ごしつ):黄柏(おおばく):牛蒡子(ごぼうし): 牡丹皮(ぼたんぴ):連翹(れんぎょう:木通(もくつう):去・黄ゴン(おおごん):加減
●加減
炎症の強いときは、黄連(おおれん):加減
●加減
老人の機能低下には、 人参(にんじん):黄耆(おおぎ):升麻(しょうま):加減。



A清心蓮子飲:「解説」(太平恵民和剤局方)
体力の弱った体質の人、神経性と思える人、若い人、高齢者にても、応用する、泌尿器科で検査はするが、菌の験出はない、小便が近く、漏らしそうになる、膀胱に対して神経を常に感じている人、などに応用する、又小便が濃く、小便が濃くなくとも小便のあとがさっぱりしない、尿意が有っても出る量が少ない(二段排尿)、胃腸の弱い人などに証に対して選択する。

清心蓮子飲:
「構成」
蓮肉(れんにく):麦門冬(ばくもんどう):茯苓(ぶくりょう):人参(にんじん): 車前子(しゃぜんし): 黄今(おうごん):黄耆(おうぎ):地骨皮(じこつぴ): 甘草(かんぞう):
◆目標
慢性的な膀胱炎、泌尿器科では菌の検査ではいつも異常は無い、訴えは常に小便が膀胱に溜まっている様で気持ちが悪い、など沢瀉を加減して症状に随って選択する。

漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談




参考になる処方名

●猪苓湯 ●竜胆瀉肝湯 ●八味丸 ●清心蓮子飲
●当帰芍薬散 ●五淋散 ●加味逍遙散 
●当帰四逆加呉茱萸生姜湯 

・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・


病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る