TOPに戻る。
病名別解説
円形脱毛症
若禿げ



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



脱毛症について

◆原因は不明であるが,円形の脱毛は,毛髪の栄養神経の一部に於ける障害の皮膚への投影を思わしむるものであり、自律神経の障害が原因となる説が有力である。

漢方医学に於いて,古典的に禿瘡・油風などという名称の下に、症状の記載があって、主として漢方の服用によって体質改善を招来して、発毛に向かわしめる研究が行われ、現代医学的に難治と云われたものも、かって好転する事が認められている.この場合、柴胡を含む多くの漢方処方、あるいは竜骨・牡蠣を含む処方、この両者を含む処方などが用いられている。

◆柴胡
を含む処方の応用範囲は広く、柴胡の成分の一部であるサイコサポニンは、鎮静・抗炎症・抗ストレス潰瘍作用などが知られている。竜骨・牡蠣は大部分がカルシウムであるが、それに附着する微量成分が未だ明確にはされていないが、沈静・強壮・精神安定作用と推測される、その他に,体調のバランスを調整する種々の薬方処方が症状に随って応用される。





円形脱毛症

小柴胡湯・牡蠣(しょうさいことうかぼれい)
柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
加味逍遙散(かみしょうようさん)


@小柴胡湯・牡蠣:「解説」(傷寒論)
円形脱毛には、一般に柴胡剤の適応が多い、体質的に実証で有れば、大柴胡湯、中間証では、小柴胡湯が考えられる、早い人では、3ヶ月、遅い人でも半年では毛が生えてくる、柴胡の上質な物を用い、症状に随って応用される。

小柴胡湯加牡蠣:「構成
柴胡(さいこ): 半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):黄今(おうごん):大棗(たいそう):人参(にんじん): 甘草(かんぞう): 牡蠣(ぼれい):



A柴胡加竜骨牡蠣湯:「解説」(傷寒論)
柴胡剤の中でも一番守備範囲が広く応用出来る、特に神経質、物音に驚き易い、眠りが悪い、イライラするタイプの円形脱毛はこの処方に限ります、構成の生薬の主薬をなすものは、柴胡、竜骨、牡蠣、茯苓です、上質な柴胡の量を増量し、気の巡りを改善する、厚朴、蘇葉を加えます、早くて2ヶ月にて脱毛した部分は生えそろいます。
古典には胸満煩驚、小便不利、一身尽く重く転側すべからざる者と有り、疲労感、不安感、胸苦しさ、不眠、寝ていても身の置き所のないなど、症状に随って応用されます。

柴胡加竜骨牡蠣湯:「構成」
柴胡(さいこ):半夏(はんげ): 茯苓(ぶくりょう): 桂枝(けいし):黄今(おうごん):大棗(たいそう): 生姜(しょうきょう):人参(にんじん):竜骨(りゅうこつ):牡蛎(ぼれい):大黄(だいおう):



B柴胡桂枝乾姜湯:「解説」(傷寒論)
柴胡剤の中でもやや体力が弱く、特に神経質、足の冷え、物音に驚き易い、眠りが悪い、イライラする、神経過敏なタイプの円形脱毛はこの処方に限ります、柴胡、牡蠣が主役にて、上質な柴胡の量を増量し、補気剤の人参など加えの毛髪の発育を促す、症状に随って応用されます。

柴胡桂枝乾姜湯:「構成」
柴胡(さいこ): 桂枝(けいし):黄今(おうごん):括楼根(かろこん): 甘草(かんぞう):乾姜(かんきょう):人参(にんじん):牡蛎(ぼれい):



C加味逍遙散:[解説](内科摘要)
主として中年以降の更年期様の不定愁訴(ふていしゅうそ)に用いる漢方薬です。、円形脱毛、疲労、肩こり、頭痛、めまい、不安、不眠、冷え、のぼせ感、怒りなど多様な症状を訴えます。多くの場合、肝気の高ぶり、癇の失調によるよる内分泌のバランスを整えることによって、円形脱毛によい漢方薬です、症状に随って応用します。

加味逍遙散:[構成]
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく): 柴胡(さいこ): 朮(じゅつ):茯苓(ぶくりょう): 薄荷(はっか): 甘草(かんぞう):牡丹皮(ぼたんぴ):山梔子(さんしし):生姜(しょうきょう):





発毛を促す生薬
柴胡:人参:牡蠣:何首烏:懐牛膝:補骨脂:茯苓、
兎絲子:当帰:枸杞子:当薬:牡丹皮

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談




民間療法
円形脱毛症
松葉による刺激療法が有効な場合がある.水蛭にて禿髪部より血を吸わせると,その部に毛髪再生するという.又小さい艾で禿髪部に次々に施灸すると毛髪再生によいといわれる.

松葉療法
昭和62年頃,北里研究所付属東洋医学総合研究所の鍼灸の先生に、東洋医学会でお会いした時に、鍼灸師の先生に,円形脱毛症に対する鍼灸治療についてたずねてみたことがある.その時先生は,「松葉をゴム輪ででも束ねて,それで脱毛部位を根気よく突っ突き続けると,そんなものはすぐ治るよ」と,いとも簡単に教えてくれた.円形脱毛症の方に薦めているが、よく効くように思う、強い刺激でなく、少しの刺激で良い。






参考になる処方名


●大柴胡湯 ●小柴胡湯・牡蠣 ●柴胡加竜骨牡蠣湯 
●柴胡桂枝湯 ●防風通聖散 ●補中益気湯 
●桂枝加竜骨牡蠣湯 ●柴胡桂枝乾姜湯 ●四逆散 
●半夏厚朴湯 ●加味逍遙散

 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・ 


                        病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る