TOPに戻る。
病名別解説
不妊症・流産癖
男性不妊・精子欠乏


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



不妊症について

昔から「嫁して三年、子なきは去る」といって、結婚して三年を経過しても妊娠しないときは、不妊症と見なした。が、今日では満二年たっても妊娠しない場合を不妊症という。昔は石女・不生女といわれた。
 不妊症には、結婚後一度も妊娠しない「原発性不妊症」と、一度妊娠しても、その後久しく受胎しない「続発性不妊症」との二種類がある。
 
不妊症については、とかく女性の側に責任が問われがちであるが、男性側にも原因がある。精液量や精子の多少、奇形精子の混在や、頸管粘液に対する精子の進入性の強弱などが問題になる。
 女性側の原因としては、まず排卵の有無が問題で、たとえ月経があっても排卵のない「無排卵性月経」では、子供ができないのは当然である。婦人体温計で基礎体温表をつけて、無排卵かどうかを確かめる必要がある。たとえ排卵があっても、両側の卵管が閉鎖していると受精できない。また子宮に発育不全や機能障害があったり、小児子宮といわれる状態があれば子宝に恵まれない。
 その他、膣閉鎖や膣炎、子宮口や頸管の狭小、子宮内膜、炎強度の子宮後傾後屈、子宮筋腫、卵管膿腫、慢性卵巣炎、骨盤腹膜炎などの場合は勿論のこと、脂肪過多症やひどい貧血、強度の胃アトニー、冷え性、不感症などある場合は、とかく不妊症になりやすい。

こうした場合、漢方薬を適切に服用すると、卵巣および子宮の機能障害が改善されて、受胎しやすい状態になる。また不育症(早産・流産)でも、漢方薬によって改善され、子宝に恵まれる例がたくさんある。

当帰(とうき)の命名について

当帰は、「当帰夫」(当ニ夫ニ帰ルベシ)の略字で、これは昔、足腰の冷える貧血気味の嫁さんが、夫に冷え性で困ると云われて実家に帰り、漢方薬を飲んだ結果、その冷えが治り、夫のもとに当に喜び帰ったという故事によるもので、その時服用した漢方薬を当帰と名付けたものであるという、なんとほほえましい寓話ではないか、当帰は女性にとり聖薬と申して良いであろう。






不妊症・流産癖

温経湯
(うんけいとう)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
折衝飲(せっしょういん)
キュウ帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
白朮散(びゃくじゅつさん)



@温経湯:[解説](金匱要略)
 温経湯を不妊に用いるのは、金匱要略の婦人雑病篇の条文による.「婦人小腹寒さ久しく胎を受けざるを治す、」
「婦人の病は,虚に因って積冷結気し,諸々の経水断続を為し,歴年有るに至って,血寒え,胞門に積結し,寒,経絡を傷る.・・・
排卵の促進、子宮卵巣の機能回復応用する。

温経湯
:[構成]
呉茱萸(ごしゅゆ): 半夏(はんげ): 麦門冬(ばくもんどう):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく): 当帰(とうき):人参(にんじん): 桂枝(けいし):阿膠(あきょう):牡丹皮(ぼたんび):生姜(しょうきょう): 甘草(かんぞう): 



A当帰芍薬散:[解説](金匱要略)
 足腰が冷え、妊娠しづらい体質を改善する、やや浮腫みを訴え、流産、早産の予防にもなる、また、妊娠腎、にもよく、産前産後の良薬である、お腹が温まり妊娠しやすくなる。

当帰芍薬散
:[構成]
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう): 茯苓(ぶくりょう): 白朮(びゃくくじゅつ):沢瀉(たくしゃ):



B折衝飲:[解説](産論)
 お血(けつ)により、下腹部に痛みを訴え、また骨盤腔内に痛みを発するもの用いる。 婦人のお血による痛み、月経不順、子宮内膜炎などによく、茯苓、甘草などの加減をして証に合わせてもちいる。

折衝飲加減
:[構成]
牡丹皮(ぼたんぴ):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):当帰(とうき):桃仁(とうにん): 桂枝(けいし):延胡索(えんごさく):牡丹皮(ぼたんび):牛膝(ごしつ):甘草(かんぞう):茯苓(ぶくりょう):



Cキュウ帰膠艾湯「解説」(金匱要略)
流産の出血に用いる、流産だけでは無く、不正出血を起こしやすい体質に用いる、諸出血(子宮、肛門、痔)が続いて、貧血の状を呈するものに用いる、熱(炎症)症状の無いものである

キュウ帰膠艾湯:「構成」
川窮(せんきゅう):甘草(かんぞう): 艾葉(がいよう):当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):地黄(じおう): 阿膠(あきょう):


D白述散:「解説」(金匱要略)
妊娠中に腹中冷えやすく腹痛する者、冷え易き状態あり白帯下など下りる者、流産の癖有る者に用いる、粉末を杯に入れ酒に溶いて服用する。

白述散:「構成」
白朮(びゃくじゅつ):川窮(せんきゅう):蜀椒(しょくしょう):牡蠣(ぼれい):







男性不妊・精子欠乏

腎気丸(じんきがん)
医王湯(いおうとう)



F腎気丸:「解説」(金匱要略)
男性用不妊の処方、腎虚を改善する、精子の活動、絶対数を増やす、この様な処方を服用していると、足、腰が楽である、不思議なことには排尿、排便もスッキリする。



G医王湯:[解説](内外傷弁惑論)
中を補い、気を益すという意味を含む処方で、虚証の疲労病を補益する処方である、普段健康な人でも、一時的に広く体力増強剤として、病後の疲労、体がしんどくだるいと云う者に症に随って応用される。処方中の柴胡、升麻は筋力の低下を改善する。
年齢的に若くても一時的に衰えた場合に、精子の絶対数を増やし、活動率をよくする。腎気丸と併用が良い。

医王湯:[構成]
黄耆(おうぎ):人参(にんじん):白朮(びゃくじゅつ):当帰(とうき): 陳皮(ちんぴ):大棗(たいそう): 甘草(かんぞう): 柴胡(さいこ):乾姜(かんきょう):升麻(しょうま):





<処方の分類>

脾胃虚型 医王湯  黄蓍建中湯 人参湯  四君子湯 六君子湯  半寫六君子湯  帰脾湯  真武湯  桂枝加竜骨牡蠣湯 柴胡桂枝乾姜湯  抑肝散 
脾,肝、気
中〜実型
半夏寫心湯  当帰芍薬散  四逆散合当帰芍薬散大柴胡湯 桂枝茯苓丸  防風通聖散 通導散 
腎虚型 八味丸   鹿茸 
膀胱炎型 清心連子飲  竜胆寫肝湯

漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談



参考になる処方名

●当帰芍薬散 ●当帰建中湯 ●当帰散 ●当帰四逆湯
●当帰四逆加呉茱萸生姜湯  ●加味逍遙散  ●温経湯  
●四物湯 ●連珠飲  ●桂枝茯苓丸 
●折衝飲 ●女神散 ●桃核蒸気湯 
●大黄牡丹皮湯  ●白求散



・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る