TOPに戻る。
病名別解説
五十肩・頸腕障害
むちうち



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



五十肩・頸腕障害について

五十肩、頸腕障害漢方処方は、一般の疼痛疾患の治療の処方と、同じくするが、とくに五十肩に良く用いられる処方があるので、処方解説と共に紹介する。

万病回春
臂痛(ひつう)に、臂痛むは、湿痰、経絡に横行するに因る、二朮湯(にじつとう)痰飲、双臂痛むを治す。是れ上焦の湿痰、経絡の中に横行していたみをなす、又原因としては、臂痛は、風寒湿に博(う)たるるに因る、或いは睡後、手、襖(ふすま)の外にあり、寒邪の為に襲われ、遂に臂痛ましむ、及び乳婦、臂を以て児に枕し、風寒に傷(やぶ)られて臂痛を致す、とある。






五十肩・頸腕障害

二朮湯(にじゅつとう)
葛根湯加減(かっこんとう)
独活葛根湯(どっかつかっこんとう)


@二朮湯:[解説](万病回春
痰飲双臂痛む者、及び手臂痛むを治す。
此の処方の五十肩の目標は、水肥り気味、体がいつもだるい、十分眠れない、イライラする、手足がほてる、汗っかき(全身)、頭重、立ちくらみ、咽が渇く尿が出しぶり、量が少ないなど、水毒体質の人に適応する、四十肩、五十肩、上腕神経痛に、症状に対して選択される。

二朮湯:[構成]
半夏(はんげ):白朮(びゃくじゅつ):天南星(てんなんせい):陳皮(ちんぴ):茯苓(ぶくりょう):香附子(こうぶし):黄ゴン(おおごん):威霊仙(いれいせん):蒼朮(そうじゅつ):生姜(しょうきょう):甘草(かんぞう):




A葛根湯:「解説」(傷寒論・勿誤薬室方函口訣)
葛根加朮附湯は、葛根湯の加減にて蒼朮、附子を加えた処方です、肩痛、頸椎痛、ねちがい五十肩などの痛みなど慢性的になった強ばりの軽減によい、又患部の血行障害の改善には痛みがが和らいだら、駆お血剤を併用する

葛根加朮附湯[構成]
葛根(かっこん): 麻黄(まおう): 大棗(たいそう):生姜(しょうきょう): 桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく): 甘草(かんぞう):蒼朮(そうじゅつ):附子(ぶし):



B独活葛根湯:「解説」(外台秘要方)
独活葛根湯は、葛根湯の加減にて地黄、独活を加えた処方です、ねちがい五十肩などの比較的早期に応用され、痛み、強ばりの軽減によい、又患部の血行障害の改善に役立つ、鍼治療もよい、痛みがが和らいだら、駆お血剤を併用する

独活葛根湯[構成]
葛根(かっこん): 麻黄(まおう): 大棗(たいそう):生姜(しょうきょう): 桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく): 甘草(かんぞう):地黄(じおう):独活(どっかつ):




参考になる処方名

 ●二朮湯 ●葛根湯 
●葛根湯加減 ●桂枝茯苓丸
●独活葛根湯


・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・

                 

  
 相談の多い病名に戻る

坂本薬局のトップに戻る