TOPに戻る。
病名別解説
胃下垂症・胃アトニー
膨満感・胃のもたれ


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



胃下垂症・胃アトニー
について

◆胃下垂とは、胃全体が正常な位置より下のほうにある事をいいます。胃アトニーとも呼ばれています。
 症状としては、胃袋の張ったような痛み、少量の食事での満腹感、食後のむかつき、飽満感、食欲不振、また食後の胃のもたれや腰痛、あるいは吐き気、げっぷ、などが見られる。
 重症になると、神経症状を併発し、不眠・頭重・記憶力減退なども見られます。
胃下垂になると上手にものが消化できず、胃の中にものが溜まった状態が長く続き消化不良になってしまう。
 胃が消化不良を起こすと、食べた物の栄養を十分に吸収できなくなり、その弊害として肌荒れなど、様々なところに異常が出てくる恐れがある。



胃下垂・胃アトニー

四君子湯
(しくんしとう)
六君子湯(りっくんしとう)
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
人参湯(にんじんとう)
化食養脾湯(かしょくようひとう)


@四君子湯[解説](太平恵民和剤局方)
胃腸虚弱で貧血の傾向があり、元気の衰えた者に用いる基本の処方である、気力が出て、だるさも取れてくる、手足の倦怠感が目標になる、布団を暖めないと眠れない人に良い、処方の構成成分の人参は五臓の元気を補い、特に脾胃(消化器)の元気をつける、白朮は胃内の停水した水を乾かし、胃の下垂状態や弛緩を引き締める、症状に対して選択する。

四君子湯[構成
人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう):甘草(かんぞう): 生姜(しょうきょう): 大棗(たいそう):



A香砂六君子湯[解説](医学正伝)
胃腸虚弱な体質の者で、心下部が痞えて食欲不振、疲れやすくて貧血し、冷え性の者に用いる、上記の四君子湯より癖が無く用い易い、本方は主として、胃下垂、胃アトニー、消化不良、、食欲不振に用いる。六君子湯の処方に、香砂六君子湯として、香附子縮砂寉香を加え、みぞおちが痞え、気鬱の状態がある者に用いる、この処方は、胃だけでは無く、皮膚に潤いが出たり、風邪もひかなくなる、消化管が丈夫になると、肌にも良く、免疫が強化するらしい、症状に対して選択する。

香砂六君子湯
:[構成]

人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう):半夏(はんげ):陳皮(ちんぴ):生姜(しょうきょう): 大棗(たいそう): 甘草(かんぞう):
香附子(こうぶし):縮砂(しくしゃ):寉香(かっこう):



B人参湯[解説](金匱要略)
貧血冷え性で胃部の重圧感や、ときに胃痛を自覚し、または頭重、めまい、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)などを伴い軟便または、下痢の傾向があるもの、 証に対して選択する。

人参湯
:[構成]
人参(にんじん): 甘草(かんぞう): 朮(じゅつ): 乾姜(かんきょう):



C化食養脾湯[解説]()
胃腸の冷え易いもので食欲がなく、みぞおちが痞え、疲れ易く、貧血で、手足がひえやすく、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛に 証に対して選択する。

化食養脾湯
:[構成]
人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう): 半夏(はんげ):陳皮(ちんぴ): 大棗(たいそう):神菊(しんぎく): 麦芽(ばくが):山査子(さんざし): 縮砂(しくしゃ): 生姜(しょうきょう): 甘草(かんぞう):




SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表・相談

参考になる処方名

●四君子湯 ●人参湯 ●六君子湯 ●化食養脾湯
●桂枝加芍薬湯 ●香砂平胃散 ●香砂養胃湯
●小建中湯 ●半夏瀉心湯 ●平胃散 ●安中散
 ●柴胡桂枝湯 ●半夏厚朴湯 ●苓桂朮甘湯 
●香砂六君子湯 ●補中益気湯



 ・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・


病名別解説戻る

坂本薬局のトップに戻る