TOPに戻る。
病名別解説
口内炎、舌炎
口腔ガンジタ症



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018


口内炎について

口中粘膜や舌が荒れて痛む、ひどくなると潰瘍性、壊疽性の口内炎となり、局所原因としては、口内粘膜の刺激(義歯、歯石、食物中の異物、魚の骨、胡椒、唐辛子など)その他いろいろな細菌によって起こる。
全身的原因としては胃腸疾患、月経、妊娠、薬物中毒、ビタミン不足などによって起こりやすい、しかしビタミン剤などにも限界が有り、体質そのものを改善する
事に漢方薬の意義がある、又、味覚障害舌炎(舌の痛み)など、良い処方が有る。




口内炎

甘草瀉心湯
(かんぞうしゃしんとう)
甘露飲(かんろいん)

@甘草瀉心湯:「解説」(金匱要略)
本方は、胃腸カタル、新薬による胃腸障害・口内炎・口臭・下痢・便秘などに症状に随って応用する。下痢し易い体質には、茯苓:白朮を加え、便秘には、山梔子:牡蠣の加減がある。

甘草瀉心湯:
「構成」

半夏(はんげ):黄今(おうごん):人参(にんじん): 甘草(かんぞう): 大棗(たいそう): 乾姜(かんきょう): 黄連(おうれん):




A甘露飲:「解説」(和剤局方)
胃中かく熱、口気、歯ぎん腫らん、時に膿血、口舌生傷、咽喉腫痛。口内炎、口内潰瘍、に用いる

甘露飲:「構成」
枇杷葉(びわよう):地黄(じおう):天門冬(てんもんどう):枳実(きじゅつ):茵陳(いんちん):石斛(せっこく):麦門冬(ばくもんとう):甘草(かんぞう):黄ゴン(おうごん):

漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談




舌炎
味覚障害


舌が赤く亀裂が強い場合は清熱補気湯清熱補血湯といった舌を潤して痛みや不快をとる処方もある。
又味覚障害など、痛みが無くとも応用する。


舌炎

清熱補血湯(せいねつほっきとう)
清熱補気湯
(せいねつほけつとう)



@清熱補血湯:「解説」(証治準縄)
血虚と血中燥熱があり、そのため口中に瘡を生じ、潰瘍を作り、びらんし、痛み甚だしく、長く癒えない者に応用する、舌に人の字の様な裂け目が多く有り(人裂舌状)飲食物が非常に浸みて痛むもの、痛みが無くとも味覚障害に症状に随って応用する、口腔粘膜の乾燥による、口臭にも良い。

清熱補血湯:「構成」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく): 川窮(せんきゅう): 地黄(じおう): 麦門冬(ばくもんどう): 玄参(げんじん): 知母(ちも):黄柏(おうぱく): 柴胡(さいこ):牡丹皮(ぼたんぴ):五味子(ごみし):    



A清熱補気湯:「解説」(証治準縄)
(証治準縄)の「口舌門に此の処方は舌の荒れるに用いる薬なり、あれるも舌を一皮はぎし如く赤うなるに用いうものなり、主治に無皮状の如し有る」食欲が無く熱い物、つめたいもの、辛いものほとんど何でもしみて痛みのあるもの、又、痛みが無くとも味覚障害に症状に随って応用する。
口腔粘膜の乾燥による、口臭にも良い。

清熱補気湯:「構成」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):人参(にんじん):麦門冬(ばくもんどう):玄参(げんじん):升麻(しょうま): 甘草(かんぞう):五味子(ごみし):   







参考になる処方名


三黄瀉心湯甘草瀉心湯 清熱補気湯 
清熱補血湯 黄連解毒湯 
柴胡清肝湯 理中湯
 逍遙散 

 ・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です。・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る