TOPに戻る。
病名別解説
更年期障害
血の道症



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



 更年期障害について

女性が成熟期から老年期に移行する時期、つまり閉経するときを中心とするその前後の数年間は更年期とよばれている。ふつう、四十歳代、ことに四十五歳前後になると、卵巣機能が低下し、間脳・下垂体・卵巣機能のバランスが乱れ、無月経、月経異常などとともに不定愁訴が出現してくる。
 通常閉経するのは五十歳であるとされるが、個人的にことなり、閉経前のいつからを以て更年期と定めるかは困難である。したがって一般に四十五歳前後になり、不定愁訴が出現してきた場合、漠然と閉経前の更年期に入ったと推定する。
 更年期の発生する頻度は、更年期それ自体の判定が困難な場合が存在する事と、いわゆる更年期障害更年期以外の時期の不定愁訴と本質的な違いがないことなどのため、諸家の報告に差があるので、一律に平均し難いが、日本人では大体五割前後の発生率を示すと考えられる。

更年期障害の発現のしかたやその強弱が個人的にことなり、症状の持続時間にも差があります、閉経期を境にして、やがて何年か経過して内分泌なバランスが保たれます、諸症状に対しての漢方薬は昔から様々な豊富な処方が用いられ、自覚症状の消滅に有効で有り、副作用無く服用できる、更年期が終了するまでの有効な手段です。




更年期であるためにおこる不定愁訴症候群・・
いわゆる血の道症

全身的愁訴として全身倦怠感、不眠、異和感、易疲労性、体重減少、微熱があり、・・・・・  
運動感覚器性愁訴として筋肉痛、痙攣、しんせん、耳鳴り、しびれ感、脱力感、肩こり、腰痛があり、・・・・・・
心・血管系愁訴として頻脈、心気亢進、胸痛、たちくらみ、不正脈があり・・・・
呼吸系愁訴として胸部圧迫感、窒息感、呼吸困難、ためいきなどがあり・・・・
胃腸系愁訴として燕下困難、胸やけ、呑酸、嘔気、嘔吐、腹部膨満感、胃重感、腹鳴、下痢、便秘、腹痛、などがあり・・・・
泌尿生殖器系愁訴として頻尿、月経異常、不感症、陰萎などがあり・・・・
自律神経系愁訴として頭痛、頭重感、めまい、口渇、紅潮、蒼白、発汗、悪寒など、きわめて多彩な症状があげられている。そして季節的にみると夏にその発生が増加し、冬にすくなく、季節の変わり目に増加の傾向があり、同時に二つ以上の訴えを持つ、多愁訴性が大多数の例に認められる。わが国の俗間では昔から血の道という考え方が存在していた。そしてそれは、婦人に見られる、とらえどころのない独特の疾患であると考えられた。


更年期で女性ホルモン欠落が引き起こす症状
体調の変化
  月経不順・紅潮・のぼせ・発熱・寝汗・不眠・冠状動脈疾病・子宮脱・皮膚の乾燥及びそのかゆみ・頻尿・乳房の縮小・声が低くなる・膣の萎縮・性交時の痛み・頭髪の乾燥・失禁・狭心症・陰唇のかゆみ・抜け毛・背中痛・骨折・口の渇き・高コレステロール・骨粗鬆症
精神面での症状
  注意力散漫・情緒不安定・目のくらみ・めまい・衝動の減退・性欲減退・疲労・緊張・頭痛・気が短い・怒りっぽい・不眠・ためいき






 漢方医学では、
古くから気・血・水という考え方が存在した
この考え方で先に述べた症状を、としてとらえ処方の選択をする。

更年期障害・自律神経失調症

柴胡加竜骨牡蠣湯加減(さいこかりゅうこつぼれいとうかげん)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
きゅう帰調血(きゅうきちょうけついん)
加味逍遙散(かみしょうようさん)

通導散(つうどうさん)
連珠飲 (れんじゅいん)
逍遙散(しょうようさん)

@柴胡加竜骨牡蠣湯加減:[解説](傷寒論)
精神不安があって物音に驚きやすく、心悸亢進(しんきこうしん)、胸内苦悶、めまい、のぼせ(ホットフラッシュ)、上半身の発汗、動悸、不安、イライラ感、耳鳴り、不眠などを伴い、自律神経が緊張しやすい体質に、厚朴・蘇葉・紫河車など加え、症状に対して選択する。
 
柴胡加竜骨牡蠣湯加減
:[構成]
胡(さいこ): 半夏(はんげ): 茯苓(ぶくりょう): 桂枝(けいし):黄今(おうごん): 大棗(たいそう): 生姜(しょうきょう):人参(にんじん):竜骨(りゅうこつ): 牡蛎(ぼれい):厚朴(こうぼく):蘇葉(そよう):



A桂枝茯苓丸:[解説](金匱要略)
金匱要略の婦人妊娠病「婦人宿(つと)に徴病(血塊、腫物)あり、、」とある、下腹部に、お血、血滞、(鬱血、凝血)が有って気の動揺、神経症状のある者に用いる、婦人科的疾患、子宮内膜炎、(実質炎、周囲炎)、卵巣炎、月経不順、月経困難症に、証に対して選択される。
(お血)粘り気のある生理が改善されると、生理痛もだいぶ楽にり、顔の赤みも取れ、肌がきれいなる、肌は内蔵の鏡である。

桂枝茯苓丸
:[構成]

桂枝(けいし):茯苓(ぶくりょう): 牡丹皮(ぼたんび):桃仁(とうにん): 芍薬(しゃくやく): (丸剤)   



B通導散:[解説](万病回春)
お血を処理する、代表処方である、背中から肩にかけて凝り、関節が痛み、脚が痛んだり、血行障害にて、のぼせたり、イライラしたり、便秘などの症状に使用する、処方中の蘇木は高脂血症を改善し、紅花は、血液の鬱滞をのぞき、気血の鬱滞による痛みを改善する、一貫堂の究極の処方である。

通導散:[構成]
大黄
(だいおう): 枳殻(きこく):陳皮(ちいぴ): 紅花(こうか):甘草(かんぞう): 芒硝(ぼうしょう): 厚朴(こうぼく): 当帰(とうき): 木通(もくつう):蘇木(そぼく):



Cきゅう帰調血飲第一加減「解説」(万病回春)
きゅう帰調血飲の加減方として、きゅう帰調血飲第一加減もよく知られている。末梢の血行障害、静脈瘤、に応用する。

きゅう帰調血飲:「構成」
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):白朮(びゃくじつ):茯苓(ぶくりょう):陳皮(ちんぴ):烏薬(うやく):香附子(こうぶし):牡丹皮(ぼたんぴ):益母草(やくもそう):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):乾姜(かんきょう):芍薬(しゃくやく):桃仁(とうにん):紅花(こうか):桂枝(けいし):牛膝(ごしつ):枳殻(きこく):木香(もっこう):延胡索(えんごさく):



D加味逍遙散:「解説」(内科摘要)
本方は、更年期障害にて、神経質過敏、憂鬱感、イライラ感、頭痛、微熱、冷え、のぼせ、便秘など便が快通しない症状に応用し守備範囲の広い血の道の処方です。

丹梔逍遙散:「解説」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):柴胡(さいこ):甘草(かんぞう):牡丹皮(ぼたんぴ):梔子(しし):生姜(しょうきょう):薄荷(はっか):香附子(こうぶし):川窮(せんきゅう):



E連珠飲 :[解説](内科秘録)
更年期のホットフラッシュに用いる。更年期にてのぼせが強く、眩暈があり、のぼせは発作性にくる者で、カーッとし汗をかき顔や上半身が熱くなったかと思うとスーッと収まったりする。
その状態は気温や、気持ちの変化にてジワーッと汗が噴き出る状態の症状の用いる。更年期症状に守備範囲の広い処方である。

連珠飲
:[構成]
茯苓(ぶくりょう):桂枝(けいし): 白朮(びゃくじゅつ): 当帰(とうき):川窮(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):地黄(じおう):甘草(かんぞう):


F逍遙散:「解説」(医貫)
本方は、脳下垂体のホルモンのバランスの乱れによる、高プロラクチン血症、神経質過敏、憂鬱感、痰鬱の症状に応用し守備範囲の広い血の道の処方です。

逍遙散:「解説」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):白朮(びゃくじゅつ):茯苓(ぶくりょう):柴胡(さいこ):貝母(ばいも):牡丹皮(ぼたんぴ):橘皮(きっぴ):生姜(しょうきょう):薄荷(はっか):黄連(おうれん):


漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談


参考になる処方名

●半夏厚朴湯 ●加味逍遙散 ●桂枝茯苓丸 ●桃核蒸気湯 
●柴胡加竜骨牡蠣湯 ●女神散 ●窮帰調血飲 ●温経湯 
●通導散 ●帰脾湯 ●加味帰脾湯 ●抑肝散 ●四逆散 
●連珠飲 ●温胆湯 



・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・



  病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る