TOPに戻る。
病名別解説
乳腺症・乳腺炎
マストパチー



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018




乳腺症について

乳腺症は、乳腺のしこり、痛み、乳頭分泌などの乳腺の良性疾患です。マストパチーと呼ばれることもあります。
乳腺の痛み、湿疹、皮膚炎、貧血に使われる、漢方処方として紫根牡蠣湯などがあります、簡単に説明しましょう。



 

乳腺症

紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)





@紫根牡蠣湯:「解説」(黴癘新書)
本方は水戸西山公の蔵方であると伝えられている。黴癘新書に、「楊梅瘡毒、痼疾沈痾、無名頑瘡、及ビ痒瘡痾嶮悪ノ症ヲ治ス」とあり、勿誤方函口訣には、 「此ノ方ハ水戸西山公ノ蔵方ニシテ、楊梅瘡(梅毒)其ノ他無名ノ悪瘡ニ効アリ。工藤球郷ハ痔痛痘疹ニ宜ク、又乳岩・肺癰・ 腸癰ヲ治スト云フ。悉シキコトハ西山公秘録ニ見エタリ」とある。乳腺の痛み、頑固な皮膚病などに症状に随って応用される。 紫根牡蠣湯

紫根牡蠣湯:「構成」
当帰(とうき):牡蠣(ぼれい):紫根(しこん):芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう):3黄耆(おおぎ): 忍冬(にんどう):升麻(しょうま):甘草(かんぞう):大黄(だいおう) 




☆漢方薬のご相談は、下記の問診表にてお受け致します。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談


参考になる処方名

紫根牡蠣湯

 ・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・


                 病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る