TOPに戻る。
病名別解説
流産癖



病名別解説に戻る

電話:055-222-7018





流産癖について

流産癖は不育症と同様に、いつも同じ月数頃に早産、流産を繰り返すもので、妊娠3ヶ月の頃に流産する確率が高く、繰り返す事が多い、これらの不育症を含めて、漢方薬の服用により、子宝に恵まれる例が沢山有る。





流産癖

白朮散(びゃくじゅつさん)
キュウ帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


@白朮散:「解説」(金匱要略)
後漢の時代に作られた処方である、婦人妊娠病に、妊娠中に腹中冷え安く、腹痛する者、冷え安き状態にあり、白帯下など下りる者、流産の癖ある者、とある、粉末を杯に入れ酒に溶いて服用する。

白朮散:「構成」
白朮(びゃくじゅつ):川窮(せんきゅう):蜀椒(しょくしょう):牡蠣(ぼれい):



Aきゅう帰調血:「解説」(万病回春)
貧血を補い、悪露悪血を去り、脾胃消化器系の働きをよくし、産後、流産後の血の道症に起こる自律神経失調の諸神経症状に用いてよいものである。この処方は流産後の調理の頭痛、めまい、動悸、自律神経失調症状、の改善、お血の処理、月経不順などを改善し次回の妊娠に備える、証に随って応用する。

きゅう帰調血
:「構成」
当帰(とうき):川窮(せんきゅう):熟地黄(じおう):白朮(びゃくじつ):茯苓(ぶくりょう):陳皮(ちんぴ):烏薬(うやく):香附子(こうぶし):牡丹皮(ぼたんぴ):益母草(やくもそう):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):乾姜(かんきょう):



B当帰芍薬散:[解説](金匱要略)
足腰が冷え、やや浮腫みを訴え、流産、早産の予防にもなる、また、妊娠腎、にもよく、産前産後の良薬である、お腹が温まり妊娠しやすくなる。お産の後、体調がもどらない、いつも腫れぼったさを感じる色白で貧血気味の体質で水はけが悪く、冷え性に、身体を温め、血行を改善して、ホルモン系や自律神経系の働きを活発にし、また、肌のトラブルを改善し、排尿を促して水分の代謝異常を改善し、産前産後に応用します、煎じ薬を服用すると良い。


当帰芍薬散加減:[構成]
当帰(とうき):川窮(せんきゅう): 芍薬(しゃくやく):茯苓(ぶくりょう): 朮(じゅつ):沢瀉(たくしゃ):






参考になる処方名

●白朮散 ●当帰散 ●当帰芍薬散 ●キュウ帰調血飲

 ・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る