下記の処方は文献から引用した漢方処方です、
取り扱いの無い処方も有ります


漢方薬処方名(出典)一覧
ハ行・マ行・ヤ行
処方名 よみがな 出典
排膿湯 はいのうとう 《金匱要略》
排膿散及湯 はいのうさんきゅうとう 《華岡青州》
肺疳方 はいかんぽう 《提耳談》
肺廱湯 はいようとう 《勿誤薬室方函口訣》
敗毒湯 はいどくとう 《香川修徳》
貝母湯 ばいもとう 《東醫寶鑑》
破棺湯 はかんとう 《本朝経験》
白雲膏 はくうんこう 《漢方治療の実際》
子仁丸 はくしにんがん 《婦人大全良方》
子養心丸 はくしようしんがん 《東醫寶鑑》
伯州散 はくしゅうさん 《本朝経験》
白頭翁湯 はくとうおうとう 《傷寒論》
白通加猪胆汁湯 はくつうかちょたんじゅうとう 《傷寒論》
柏皮湯 はくひとう *
柏葉湯 はくようとう 《金匱要略》
麦芽煎 ばくげせん *
麦門冬飲子 ばくもんどういんし 《宣明論》
麦門冬湯 ばくもんどうとう 《金匱要略》
八味逍遙散 はちみしょうようさん *
八物湯 はちもつとう 《龍野ー漢方処方集》
八味地黄丸 はちみぢおうがん 《金匱要略》
八味地黄湯 はちみぢおうとう 《金匱要略》
八味丸 はちみがん 《金匱要略》
八味帯下方 はちみたいげほう 《名家方選》
八味仙気方 はちみせんきほう 《福井楓亭》
八物降下湯 はちもつこうかとう *
八解散 はっかいさん 《和剤局方》
八珍湯 はっちんとう 《証治準縄》
八正散 はっしょうさん 《和剤局方》
八珍丸 はっちんがん 《証治準縄》
反鼻交感丹 はんびこうかんたん 《本朝経験》
八仙長寿丸 はっせんちょうじゅがん 《雑病翼方》
髪正散 はつせいさん *
馬明湯 ばめいとう 《本朝経験》
半夏湯 はんげとう 《東醫寶鑑》
半夏乾姜散料 はんげかんきょうさんりょう 《金匱要略》
半夏乾姜人参丸 はんげかんきょうにんじんがん *
半夏苦酒湯 はんげくしゅとう 《傷寒論》
半夏散料 はんげさんりょう *
半夏地楡湯 はんげぢゆとう *
半夏厚朴湯 はんげこうぼくとう 《金匱要略》
半夏瀉心湯 はんげしゃしんとう 《傷寒論》
半夏白朮天麻湯 はんげびゃくじつてんまとう 《万病回春》
半夏麻黄丸 はんげまおうがん *
百合固金湯 ひゃくごうこきんとう 《医方集解》
鼻通丸 びつうがん *
鼻良丸 びりょうがん *
備急円 びきゅうえん 《金匱要略》
備急丸 びきゅうがん 《東醫寶鑑》
白朮散 びゃくじゅつさん 《金匱要略》
ひかい分清飲 ひかいぶんせいいん 《丹渓心法》
白虎湯 びゃっことう 《傷寒論》
白虎加黄連湯 びゃっこかおうれんとう *
白虎加人参湯 びゃっこかにんじんとう 《傷寒論》
白虎加桂枝湯 びゃっこかけいしとう 《金匱要略》
風湿丸 ふうしつがん *
風湿舒筋丸 ふうしつじょきんがん *
婦科女金丹 ふかじょきんたん *
封髄丸 ふうずいがん *
不換金正気散 ふかんきんしょうきさん 《和剤局方》
伏龍肝煎 ぶくりゅうかんせん 《漢方治療の実際》
復元活血湯 ふくげんかっけつとう 《医学入門》
茯苓飲 ぶくりょういん 《金匱要略》
茯苓戎塩湯 ぶくりょうじゅうえんとう 《金匱要略》
茯苓補心湯 ぶくりょうほしんとう 《婦人大全良方》
茯苓甘草湯 ぶくりょうかんぞうとう 《傷寒論》
茯苓杏仁甘草湯 ぶくりょうきょうにんかんぞうとう 《金匱要略》
茯苓四逆湯 ぶくりょうしぎゃくとう 《傷寒論》
茯苓沢瀉湯 ぶくりょうたくしゃとう 《金匱要略》
附子粳米湯 ぶしこうべいとう 《金匱要略》
附子湯 ぶしとう 《傷寒論》
附子瀉心湯 ぶししゃしんとう 《傷寒論》
附子理中湯 ぶしりちゅうとう 《和剤局方》
巫神湯 ふしんとう 《原南陽》
扶脾生脈散 ふひしょうみゃくさん 《原南陽》
浮萍湯 ふふょうとう 《万病回春》
文蛤湯 ぶんごうとう 《金匱要略》
分消湯 ぶんしょうとう 《万病回春》
分心気飲 ぶんしんきいん 《和剤局方》
平胃散 へいいさん 《和剤局方》
鼈甲煎丸 べっこうせんがん 《金匱要略》
変製心気飲 へんせいしんきいん 《本朝経験》
補陰湯 ほいんとう 《万病回春》
防已黄蓍湯 ぼういおおぎとう 《金匱要略》
防已茯苓湯 ぼういぶくりょうとう 《金匱要略》
防已散 ぼういさん 《医学入門》
防已地黄湯 ぼういぢおうとう 《金匱要略》
防風通聖散 ぼうふうつうしょうさん 《宣明論》
補肝散 ほかんさん 《東醫寶鑑》
補肝湯 ほかんとう 《医宗金鑑》
補気健中湯 ほきけんちゅうとう 《済世全書》
補中益気湯 ほちゅうえっきとう 《内外傷弁惑論》
補中治湿湯 ほちゅうじしつとう 《医林集要》
補中益気丸 ほちゅうえっきがん *
補養丸 ほようがん *
補肺湯 ほはいとう 《永類鈴方》
補陽還五湯 ほようかんごとう 《医林改錯》
補陰湯 ほいんとう 《万病回春》
忘憂湯 ぼうゆうとう *
牡蠣湯 ぼれいとう 《金匱要略》
牡蠣散 ぼれいさん 《東醫寶鑑》
牡蠣沢瀉散 ぼれいたくしゃさん 《傷寒論》
牡蠣奔豚湯 ぼれいほんとんとう 《外台秘要方》
奔豚湯<金> ほんとんとう 《金匱要略》
奔豚湯<肘> ほんとんとう 《肘後備急方》
保和丸 ほわがん 《丹渓心法》
<マ行> *
麻黄湯 まおうとう 《傷寒論》
麻黄附子細辛湯 まおうぶしさいしんとう 《傷寒論》
麻黄加朮湯 まおうかじゅつとう 《金匱要略》
麻黄五味湯 まおうごみとう *
麻黄升麻湯 まおうしょうまとう 《医学入門》
麻黄附子湯 まおうぶしとう
麻黄赤芍湯 まおせきしゃくとう 《古今方彙》
麻黄附子甘草湯 まおうぶしかんぞうとう 《傷寒論》
麻黄連しょう赤小豆湯 まおうれんしょうしゃくしょうづとう 《傷寒論》
麻杏甘石湯 まきょうかんせきとう 《傷寒論》
麻杏よく甘湯 まきょうよくかんとう 《金匱要略》
まくり まくり 《一貫堂》
麻子仁丸 ましにんがん 《傷寒論》
蔓荊子散 まんけいしさん 《万病回春》
密煎導 みっせんどう 《傷寒論》
味麦益気湯 みばくえっきとう 《弁惑論》
味麦地黄丸 みばくぢおうがん *
妙功十一丸 みょうこうじゅういちがん 《儒門事親》
明眼一方 めいがんいっぽう 《勿誤薬室方函口訣》
明目地黄丸 めいもくぢおうがん 《浅田家方》
明朗飲 めいろういん 《和田東郭》
木通散 もくつうさん 《東醫寶鑑》
木防已湯 もくぼういとう 《金匱要略》
木香檳榔丸 もっこうびんろうがん 《張子和》
木香流気飲 もっこうりゅきいん 《和剤局方》
<ヤ行> *
射干麻黄湯 やかんまおうとう 《金匱要略》
熊胆圓 ゆうたんえん *
熊胆 ゆうたん *
よく苡仁湯 よくいにんとう 《外科正宗》
よく苡仁附子敗醤散 よくいにんぶしはいしょうさん 《金匱要略》
養心湯 ようしんとう 《證治準縄》
養血安神湯 ようけつあんしんとう 《万病回春》
養肺湯 ようはいとう 《聖済総録》
抑肝散加陳皮半夏 よくかんさんちんぴはんげ 《本朝経験》
抑肝散加芍薬黄連 よくかんさんしゃくやくおうれん 《本朝経験》
楊柏散 ようはくさん 《浅田家方》
抑肝扶脾散 よくかんふひさん 《古今医鑑》
養肝丸 ようかんがん *
抑肝散 よくかんさん 《撮要》

その他の処方はこちらへ

ア行 カ行 サ行 タ行・ナ行 ラ行 

坂本薬局のトップに戻る