下記の処方は文献から引用した漢方処方です、
取り扱いの無い処方も有ります

漢方薬処方名(出典)一覧
ア行
処方名 よみがな 出典
安中散 あんちゅうさん 《和剤局方》
安胎飲 あんたいいん 《医学入門》
医王湯 いおうとう 《内外傷弁惑論》
郁李仁湯 いくりにんとう 《勿誤薬室方函口訣》
葦茎湯 いけいとう 《金匱要略》
葦茎合四順湯 いけいごうしじゅんとう 《勿誤薬室方函》
胃効散 いこうさん 《世医得効方》
己椒れき黄丸 いしょうれきおうがん 《金匱要略》
一物瓜帯湯 いちもつかていとう 《金匱要略》
茵荊湯 いんけいとう 《竹中文慶》
茵陳散 いんちんさん 《勿誤薬室方函口訣》
茵陳四逆湯 いんちんしぎゃくとう 《張氏医通》
胃康寧 いこうねん *
痿証方 いしょうほう 《秘方集験》
一貫煎 いっかんせん 《中薬臨床応用》
胃風湯 いふうとう 《和剤局方》
胃苓湯 いれいとう 《万病回春》
茵陳蒿湯 いんちんこうとう 《傷寒論》
茵陳五苓散 いんちんごれいさん 《金匱要略》
右帰丸 うきがん 《景岳全書》
烏鶏白鳳丸 うけいはくほうがん *
烏頭湯 うずとう 《金匱要略》
烏頭桂枝湯 うずけいしとう 《金匱要略》
烏頭赤石脂丸 うずしゃくせきしがん 《金匱要略》
烏梅丸 うばいがん 《金匱要略》
烏苓通気湯 うりょうつうきとう 《万病回春》
羽沢散 うたくさん 《方輿げい》
烏薬順気散 うやくじゅんきさん 《和剤局方》
温経湯 うんけいとう 《金匱要略》
温清飲 うんせいいん 《東醫寶鑑》
温清飲加釣藤黄耆 うんせいいんかちょうとうおうぎ 《北里研究所》
温胆湯 うんたんとう 《千金方》
温脾湯 うんぴとう 《備急千金要方》
温脾湯 うんぴとう 《普濟本事方》
益元湯 えきげんとう 《傷寒六書》
益気養栄湯 えっきようえいとう 《勿誤薬室方函》
越婢湯 えっぴとう 《傷寒論》
越婢加朮湯 えっぴかじゅつとう 《金匱要略》
越脾加半夏湯 えっぴかはんげとう 《金匱要略》
延齢丹 えんれいたん 《一渓》
延年半夏湯 えんねんはんげとう 《外台秘要方》
黄耆桂枝五物湯 おうぎけいしごもつとう 《金匱要略》
黄耆建中湯 おうぎけんちゅうとう 《金匱要略》
黄連湯 おうれんとう 《傷寒論》
黄耆鼈甲湯 おおぎべっこうとう 《和剤局方》
黄解丸 おうげがん 《湯本救真》
黄連阿膠湯 おうれんあきょうとう 《傷寒論》
黄連解毒湯 おうれんげどくとう 《外台秘要方》
黄連解毒丸 おうれんげどくがん 《外台秘要方》
黄連上清丸 おうれんじょうせいがん 《医学大辞典》
乙字湯 おつじとう 《原南陽》
黄ごん湯 おうごんとう 《傷寒論》
黄ごん加半夏湯 おうごんかはんげとう 《傷寒論》
黄連消毒飲 おうれんしょうどくいん 《寿世保元》
黄土湯 おうどとう 《金匱要略》


カ行 サ行 タ行・ナ行 ハ行・マ行・ヤ行 ラ行 

坂本薬局のトップに戻る