下記の処方は文献から引用した漢方処方です、
取り扱いの無い処方も有ります

漢方薬処方名(出典)一覧
サ行
処方名 よみがな 出典
犀角地黄湯 さいかくじおうとう 《備急千金要方》
犀角湯 さいかくとう 《備急千金要方》
柴葛解肌湯 さいかつげきとう 《傷寒蘊要》
柴陥湯 さいかんとう 《本朝経験》
柴梗半夏湯 さいきょうはんげとう 《医学入門》
柴胡加芒硝湯 さいこかぼうしょうとう 《傷寒論》
柴胡加竜骨牡蠣湯 さいこかりゅうこつぼれいとう 《傷寒論》
柴胡桂枝湯 さいこけいしとう 《傷寒論》
柴胡厚朴湯 さいここうぼくとう 《外台秘要方》
柴胡勝湿湯 さいこしょうしつとう 《蘭室秘蔵》
柴胡桂枝乾姜湯 さいこけいしかんきょうとう 《傷寒論》
柴胡四物湯 さいこしもつとう 《保命集》
柴胡清肝湯 さいこせいかんとう 《一貫堂》
柴胡桔枳湯 さいこききつとう 《傷寒蘊要》
柴胡疎肝湯 さいこそかんとう 《医学統旨》
柴胡疎肝湯
(一貫堂)
さいこそかんとう 《一貫堂》
柴胡鼈甲湯 さいこべっこうとう 《聖済総録》
柴胡養栄湯 さいこようえいとう 《温疫論》
柴芍六君子湯 さいしゃくりっくんしとう 《本朝経験》
柴蘇飲 さいそいん 《本朝経験》
柴朴湯 さいぼくとう 《本朝経験》
柴苓湯 さいれいとう 《万病回春》
三才封髄丸 さんさいふうずいがん 《衛生宝鑑》
催乳方 さいにゅうほう 《牛山活套》
散腫潰堅湯 さんしゅかいけんとう 《万病回春》
三黄瀉心湯 さんおうしゃしんとう 《傷寒論》
三味鴣菜湯 さんみしゃこさいとう 《漢方治療の実際》
三和散 さんわさん 《和剤局方》
酸棗仁湯 さんそうにんとう 《金匱要略》
三物黄ごん湯 さんもつおおごんとう 《金匱要略》
三物香需飲 さんもつこうじゅいん 《太平恵民和剤局方》
左帰丸 さきがん 《景岳全書》
三痺湯 さんぴとう 《医学入門》
滋陰降火湯 じいんこうかとう 《万病回春》
滋陰至宝湯 じいんしほうとう 《万病回春》
四逆散 しぎゃくさん 《傷寒論》
四逆湯 しぎゃくとう 《傷寒論》
四君子湯 しくんしとう 《和剤局方》
四逆加人参湯 しぎゃくかにんじんとう 《傷寒論》
痔救散 じきゅうさん 《家伝薬》
四順湯 しじゅんとう 《備急千金要方》
四順清涼飲 しじゅんせいりょういん 《外科正宗》
四物丸,エキス顆粒 しぶつがん 《医学入門》
四苓湯 しれいとう 《漢方治療の実際》
紫根牡蠣湯 しこんぼれいとう 《漢方治療の実際》
梔子乾姜湯 ししかんきょうとう 《傷寒論》
梔子甘草鼓湯 ししかんぞうしとう 《傷寒論》
梔子厚朴湯 ししこうぼくとう 《傷寒論》
梔子鼓湯 しししとう 《傷寒論》
梔子生姜鼓湯 しししょうきょうしとう 《傷寒論》
梔子大黄湯 ししだいおうとう 《傷寒論》
梔子柏(蘗)皮湯 ししはくひとう 《傷寒論》
七宝美髪丹 しっぽうびはつたん 《医方集解》
七賢散 しちけんさん 《外科正宗》
七味鷓鴣菜湯 しちみしゃこさいとう 《浅田家方》
七味清脾湯 しちみせいひとう 《三因極一病証方論》
七味白朮湯 しちみびゃくじゅつとう 《小児薬証直訣》
七物降下湯 しちもつこうかとう 《修琴堂》
柿蔕湯 していとう 《厳氏済生方》
瀉白散 しゃはくさん 《正伝》
四物湯 しもつとう 《和剤局方》
炙甘草湯 しゃかんぞうとう 《金匱要略》
芍薬甘草湯 しゃくやくかんぞうとう 《傷寒論》
芍甘黄辛附湯 しゃかんおうしんぶとう 《傷寒論》
紫圓 しえん 《東洞家塾方》
紫蘇子湯 しそしとう 《備急千金要方》
芍薬甘草附子湯 しゃくやくかんぞうぶしとう 《傷寒論》
紫雲膏 しうんこう 《華岡青州》
芍薬 しゃくやくとう 《保命集》
謝導人大黄湯 しゃどうじんだいおうとう 《千金》
赤小豆湯 しゃくしょうずとう 《東洋》
赤石脂丸 しゃくせきしがん 《金匱要略》
十全大補湯 じゅうぜんだいほとう 《和剤局方》
十全大補丸 じゅうぜんだいほがん 《和剤局方》
十味ざ散 じゅうみざさん 《葉氏》
十全大補酒 じゅうぜんだいほしゅ 《和剤局方》
十味敗毒湯 じゅうみはいどくとう 《華岡青州》
十六味流気飲 じゅうろくみりゅうきいん 《万病回春》
十神湯 じつしんとう 《和剤局方》
収涙飲 しゅうるいいん 《橘窓書影》
潤腸湯 じゅんちょうとう 《万病回春》
潤腸丸 じゅんちょうがん 《万病回春》
順気和中湯 じゅんきわちゅうとう 《古今医鑑》
朱砂安心丸 しゅしゃあんじんがん 《李東垣》
正気天香湯 しょうきてんこうとう 《医学入門》
正心湯 しょうしんとう 《医学統旨》
消疳飲 しょうかんいん 《済生方》
消痞湯 しょうひとう 《済世方》
小陥胸湯 しょうかんきょうとう 《傷寒論》
生姜瀉心湯 しょうきょうしゃしんとう 《傷寒論》
小建中湯 しょうけんちゅうとう 《傷寒論》
小柴胡湯 しょうさいことう 《傷寒論》
小柴胡湯加黄連茯苓 しょうさいことうかおうれんぶくりょう 《傷寒論加減》
小柴胡湯加桔梗石膏 しょうさいことうかききょうせっこう 《傷寒論加減》
小承気湯 しょうじょうきとう 《傷寒論》
小続命湯 しょうぞくめいとう 《金匱要略》
小青竜湯 しょうせいりゅうとう 《傷寒論》
小青竜湯加石膏湯 しょうせいりゅうとうかせっこうとう 《傷寒論加減》
小半夏加茯苓湯 しょうはんげかぶくりょうとう 《金匱要略》
消風散 しょうふうさん 《外科正宗》
小品奔豚湯 しょうひんほんとんとう 《腹証奇覧》
生姜甘草湯 しょうきょうかんぞうとう 《金匱要略》
升麻葛根湯 しょうまかっこんとう 《万病回春》
生脈散 しょうみゃくさん 《弁惑論》
逍遙散 しょうようさん 《和剤局方》
小腹逐お湯 しょうふくついおとう 中成薬
升陽散火湯 しょうようさんかとう 《傷寒六書》
除湿補気湯 じょしつほきとう 《済生方》
升陽益胃散 しょうようえきいさん 内外傷弁惑論
至宝三鞭丸 しほうさんべんがん 中成薬
椒梅瀉心湯 しょうばいしゃしんとう 《本朝経験》
蒸眼一方 じょうがんいっぽう
舒筋立安湯 じょきんりつあんとう 《万病回春》
舒筋温胆湯 じょきんうんたんとう 《万病回春》
四苓湯 しれいとう 《漢方治療の実際》
辛夷清肺湯 しんいせいはいとう 《外科正宗》
常山湯 じょうざんとう 《香川家》
浄府湯 じょうふとう 《医鑑》
止涙補肝湯 しるいほかんとう 《張氏医通》
神応養神丹 しんのうようしんたん 《外科正宗》
神功内托散 しんこうないたくさん 《外科正宗》
神効湯 しんこうとう 《万病回春》
参胡三白湯 じんこさんぱくとう 《薀要》
神秘湯 しんぴとう 《外台》
参蘇飲 じんそいん 《和剤局方》
参茸固本丸 じんじょうこほんがん 《験方》
参仲四物丸 じんちゅうしもつがん 《医方集解》
上中下通用痛風丸 じょうちゅうげつうようつうふうがん 《医方集解》
参苓白朮散 じんりょうびゃくじつさん 《和剤局方》
真武湯 しんぶとう 《傷寒論》
真人活命散 しんじんかつめいさん 《証治準縄方》
腎気丸 じんきがん 《金匱要略》
身痛逐お湯 しんつうついおとう 《医林改錯》
秦ぎょう鼈甲散 じんぎょうべっこうさん 《医学入門》
止嗽散 しそうさん 《医学心悟》
辛夷散 しんいさん 《証治準縄方》
沙参麦門冬 しゃじんばくもんとう 《温病条弁》
消渇丸 しょうかちがん 《中医方》
耳鳴丸 じめいがん 《中医方》
滋腎通耳湯 じじんつうじとう 《万病回春》
腎気明目湯 じんきめいもくとう 《勿誤薬室方函口訣》
滋腎明目湯 じじんめいもくとう 《万病回春》
滋腎明目丸 じじんめいもくがん 《万病回春》
十神湯 じゅうしんとう 《和剤局方》
消栓再造丸 しょうせんさいぞうがん *
麝香壮骨膏 じゃこうそうこつこう 《中医膏》
精気神源丸 せいきしんげんがん 《医方集解》
清湿化痰湯 せいしつけたんとう 《寿世保元》
清上けん痛湯 せいじょうけんつうとう 《寿世保元》
清上防風湯 せいじょうぼうふうとう 《万病回春》
清暑益気湯 せいしょえっきとう 《医学六要》
清心連子飲 せいしんれんしいん 《和剤局方》
清熱解鬱湯 せいねつげうつとう 《万病回春》
清熱補気湯 せいねつほっきとう 《証治準縄》
清熱補血湯 せいねつほけつとう 《証治準縄》
清鼻湯 せいびとう 《長倉》
清空膏 せいくうこう 《中医軟膏》
清咽利膈湯 せいいんりかくとう 《証治準縄》
清燥救肺湯 せいそうきゅうはいとう 《喩嘉言》
清胃散 せいいさん 《李東垣》
正化湯 せいかとう 《景岳全書》
清肺湯 せいはいとう 《万病回春》
正骨紫金丹 せいこつしきんたん 《医宗金鑑》
清涼飲 せいりょういん 《李東垣》
折衝飲 せつしょういん 《産論》
洗肝明目湯 せいかんめいもくとう 《万病回春》
川きゅう茶調散 せんきゅちゃちょうさん 《和剤局方》
千金内托散 せんきんないたくさん 《千金》
喘四君子湯 ぜんしくんしとう 《万病回春》
銭氏白朮散 せんしびゃくじゅつさん 《小児直決》
旋覆花代赭石湯 せんぷくかたいしゃせきとう 《傷寒論》
聖愈湯 せいゆとう 《李東垣方》
桑菊飲 そうきくいん 《温病条弁》
蒼耳散 そうじさん 《厳氏済生方》
走馬湯 そうまとう 《外台秘要方》
増損木防己湯 ぞうそんもくぼういとう 《漢方治療の実際》
疎経活血湯 そけいかっけつとう 《万病回春》
疎経活血湯第一加減 そけいかっけつとうだいいちかげん 《万病回春》
蘇子降気湯 そしこうきとう 《和剤局方》
続命湯 ぞくめいとう 《金匱要略》

その他の処方はこちらへ

ア行 カ行 タ行・ナ行 ハ行・マ行・ヤ行 ラ行 

坂本薬局のトップに戻る