下記の処方は文献から引用した漢方処方です、
取り扱いの無い処方も有ります


漢方処方名(出典)一覧
タ行・ナ行
処方名 よみがな 出典
大黄甘草湯 だいおうかんぞうとう 《金匱要略》
大黄牡丹皮湯 だいおうぼたんびとう 《金匱要略》
大建中湯 だいけんちゅうとう 《金匱要略》
大柴胡湯 だいさいことう 《傷寒論》
大安上宮丸 たいあんじょうきゅうがん 《太平恵民和剤局》
大青竜湯 だいせいりゅうとう 《傷寒論》
大烏頭煎 だいうづせん 《金匱要略》
大黄黄連瀉心湯 だいおうおうれんしゃしんとう 《傷寒論》
大黄甘遂湯 だいおうかんずいとう 《金匱要略》
大黄しゃ蟲丸 だいおうしゃちゅうがん 《金匱要略》
大黄附子湯 だいおうぶしとう 《金匱要略》
大黄牡丹皮湯 だいおうぼたんぴとう 《金匱要略》
大陥胸湯 だいかんきょうとう 《傷寒論》
大三五七散 だいさんごしちさん 《和剤局方》
大七気湯 だいしちきとう 《厳氏済生方》
大続命湯 だいぞくめいとう 《漢方治療の実際》
大活絡 だいかつらくたん 《聖済総録》
大桃花湯 だいとうかとう 《傷寒論》
大半夏湯 だいはんげとう 《金匱要略》
大防風湯 だいぼうふうとう 《和剤局方》
大乙膏(神 たいつこう *
大百中飲 だいひゃくちゅういん 《本朝経験》
丹七散 たんしちさん *
沢瀉湯 たくしゃとう 《金匱要略》
托裏消毒飲 たくりしょうどくいん 《万病回春》
陀羅尼助丸 だらにすけがん 《民間薬》
WTTC ダブルティティシイ 《長倉》
断痢湯 だんりとう 《外台秘要方》
男宝 だんぽう 《中医処方》
竹茹温胆湯 ちくじょうんたんとう 《万病回春》
竹皮大丸料 ちくひだいがんりょう 《金匱要略》
竹葉湯 ちくようとう 《金匱要略》
竹葉石膏湯 ちくようせっこうとう 《傷寒論》
治肩拘急方 ちけんばいこうきゅうほう 《中川摂洲》
治打撲一方 ちだぼくいっぽう 《香川修徳》
治頭瘡一方 ちずそういっぽう 《本朝経験》
治黄胖方 ぢおうはんほう
治酒査鼻方 ぢしゅさびほう 《本朝経験》
治小児愛吃泥方 ぢしょうにあいきつでいほう 《寿世保元》
治喘一方 ぢぜんいつほう 《後藤艮山》
治頭痛一方 ぢづつういつほう 《和田東郭》
治吐乳一方 ちとにゅういつほう 《幼々新書》
知柏地黄丸 ちばくぢおうがん 《医宗金鑑》
知柏六味丸 ちばくろくみがん 《丹渓心法》
知柏壮建丸 ちばくそうけんがん *
中建中湯 ちゅうけんちゅうとう *
丁香柿蔕湯 ちょうこうしていとう 《厳氏済生方》
丁香茯苓湯 ちょうこうぶくりょうとう 《楊氏家蔵方》
猪膽汁 ちょたんじゅう *
調栄湯 ちょうえいとう 《華岡青洲》
《春林軒》
調経湯 ちょうけいとう 《中薬臨床応用》
調経促孕丸 ちょうけいそくようがん *
調経補血丸 ちょうけいほけつがん *
調胃承気湯 ちょういじょうきとう 《傷寒論》
調中益気湯 ちょうちゅうえっきとう 《漢方治療の実際》
釣藤散 ちょうとうさん 《普済本事方》
知母茯苓湯 ちもぶくりょうとう *
沈香かっ胸湯 じんこうかっきょうとう :
沈香降気湯 ぢんこうこうきとう 《和剤局方》
沈香天麻 ぢんこうてんまとう 《衛生宝鑑》
腸瘍 ちょうようとう 《外台集験方》
猪苓湯 ちょれいとう 《傷寒論》
通導散 つうどうさん 《万病回春》
通腸丸 つうちょうがん 《万病回春》
通仙丸 つうせんがん 《方**》
通脉四逆湯 つうみゃくしぎゃくとう 《傷寒論》
痛風丸 つうふうがん 《医方集解》
定悸飲 ていきいん 《多紀櫟窓》
提肛散 ていこうさん 《外科正宗》
定喘湯 ていぜんとう 《万病回春》
抵当丸 ていとうがん 《傷寒論》
天雄散 てんゆうさん 《金匱要略》
桃核承気湯 とうかくじょうきとう 《傷寒論》
桃花湯 とうかとう 《傷寒論》
桃黄湯 とうおうとう 《傷寒論》
桃仁湯 とうにんとう 《備急千金要方》
当帰湯 とうきとう 《備急千金要方》
当帰飲子 とうきいんし 《厳氏済生方》
当帰建中湯 とうきけんちゅうとう 《金匱要略》
当帰養血湯 とうきようけつとう 《万病回春》
当帰四逆湯 とうきしぎゃくとう 《傷寒論》
当帰四逆加呉茱萸生姜湯 とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう 《傷寒論》
当帰芍薬散 とうきしゃくやくさん 《金匱要略》
当帰芍薬散加黄耆釣藤鈎 とうきしゃくやくさんかおうぎちょうとこ 《金匱要略》
当帰芍薬散加人参 とうきしゃくやくさんかにんじん 《金匱要略》
当帰芍薬散加附子 とうきしゃくやくさんかぶし 《金匱要略》
当帰拈痛湯 とうきねんつうとう 《蘭室秘蔵》
帰散 とうきさん9 《金匱要略》
帰しゅ散 とうきしゅさん 《医学入門》
帰貝母苦参丸 とうきばいもくじんがん 《金匱要略》
帰白朮散 とうきびゃくじつさん 《医学正伝》
当帰六黄湯 とうきりくおうとう 《太平聖恵方》
唐侍中一方 とうじちゅういつほう 《外台秘要方》
禿癬散 とくせんさん 《浅田家方》
騰龍湯 とうりゅうとう 《本朝経験》
水茯苓湯 どうすいぶくりょうとう 《奇効良方》
導赤散 どうせきさん 《万病回春》
桃紅四物湯 とうこうしもつとう 《医宗金鑑》
土橘皮チンキ どきっぴちんき *
独活葛根湯 どっかつかっこんとう 《外台秘要方》
独活寄生湯 どっかつきせいとう 《備急千金要方》
独活寄生丸 どっかつきせいがん 《備急千金要方》
頓嗽湯 とんそうとう 《漢方治療の実際》
<ナ行> *
内疎黄連湯 ないそおおれんとう 《外科正宗》
内托散 ないたくさん 《万病回春》
二角湯 にかくとう 《本朝経験》
二仙湯 にせんとう 《寿世保元》
二朮湯 にじつとう 《万病回春》
二陳湯 にちんとう 《和剤局方》
乳泉散 にゅうせんさん 《聖済総録》
女科拍子仁丸 にょかはくしにんがん 《婦人大全良方》
女神散 にょしんさん 《浅田家方》
人参湯 にんじんとう 《金匱要略》
人参散 にんじんさん 《太平聖恵方》
人参胡桃湯 にんじんことうとう 《是斎百一選方》
人参養胃湯 にんじんよういとう 《和剤局方》
人参養栄丸 にんじんようえいがん 《和剤局方》
人参養栄湯 にんじんようえいとう 《和剤局方》
人参帰脾丸 にんじんきひがん *
人参敗毒散 にんじんはいどくさん 《和剤局方》
嗽丸 ねいそうがん *

その他の処方はこちらへ

ア行 カ行 サ行 ハ行・マ行・ヤ行 ラ行 

坂本薬局のトップに戻る