TOPに戻る。
病名別解説
消化不良・胃腸虚弱
食欲不振症


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018
 


消化不良・胃腸虚弱について

漢方薬にては脾胃は胃腸全体の機能を示します、食欲不振、疲れやすくて貧血し、冷え性、胃下垂、胃アトニー、消化不良なども含みます。、脾胃を丈夫にする事は皮膚に潤いが出たり、風邪もひかなくなる、強いて云えば、消化管が丈夫になると、肌にも良く、免疫が強化するらしい、体質的症状に対して選択する。 




消化不良・胃腸虚弱・食用不振


四君子湯
(しくんしとう)
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
人参湯(にんじんとう)


@四君子湯[解説](太平恵民和剤局方)
胃腸虚弱で貧血の傾向があり、元気の衰えた者に用いる基本の処方である、気力が出て、だるさも取れてくる、手足の倦怠感が目標になる、布団を暖めないと眠れない人に良い、処方の構成成分の人参は五臓の元気を補い、特に脾胃(消化器)の元気をつける、白朮は胃内の停水した水を乾かし、胃の下垂状態や弛緩を引き締める、症状に対して選択する。

四君子湯[構成
人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう):甘草(かんぞう): 生姜(しょうきょう): 大棗(たいそう):



A香砂六君子湯[解説](医学正伝)
胃腸虚弱な体質の者で、心下部が痞えて食欲不振、疲れやすくて・虚弱、冷え性の者に用いる、上記の四君子湯より癖が無く用い易い、本方は主として、慢性疲労、気の滅入り、胃下垂、胃アトニー、消化不良、食欲不振に用いる。この処方は、普段健康な人でも、一時的に広く体力増強剤として、体がしんどくだるいと云う者によい、胃だけでは無く、皮膚に潤いが出たり、風邪もひかなくなる、体が元気になる、消化管が丈夫になると、肌にも良く、免疫が強化するらしい、症状に対して選択する。

六君子湯
:[構成]

人参(にんじん): 白朮(びゃくじゅつ): 茯苓(ぶくりょう):半夏(はんげ):陳皮(ちんぴ):生姜(しょうきょう): 大棗(たいそう): 甘草(かんぞう):香附子(こうぶし): 縮砂(しゅくしゃ): かく香(かっこう):




B人参湯[解説](金匱要略)
貧血冷え性で胃部の重圧感や、ときに胃痛を自覚し、または頭重、めまい、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)などを伴い軟便または、下痢の傾向があるもの、 証に対して選択する。

人参湯
:[構成]
人参(にんじん): 甘草(かんぞう): 朮(じゅつ): 乾姜(かんきょう):


神経性食欲不振症



神経性食欲不振症について


摂食障害とは、神経性食欲不振症(拒食症)と神経性大食症(過食症)の総称です、漢方では体の痩せ、癇の高ぶり、胃腸の弱さととらえ、随証療法にて処方が考案されます。


参考になる処方名
訴え 確かめる点 狙い所 処方
発熱、下痢、嘔吐不定




発熱、下痢、嘔吐はない
粘膜便で回数が多い 腹痛が強く 腹鳴はない 裏熱 黄ごん湯
腹痛は軽く 腹鳴が著しい 腹中雷鳴、心下痞硬満 甘草瀉心湯
水様便 水を欲しがり利尿減少 吐渇、小便不利、脉浮弱 五苓散
水様便或いは全く消化しない便 腹が張っているか或いは反対に凹む、両方の場合とも腹は軟い足がつめたい 下痢清穀、四肢厥冷、脉沈又は弱 四逆湯
不消化便或いは膿様便 腹が張っているか軟い 脾虚腐穢、脉弱 小建中湯
その他
参考
黄連湯、柴胡桂枝湯、桂枝人参湯、人参湯、桂枝加芍薬湯、真武湯、胃苓湯、不換金正気散、啓脾湯、参苓白朮散、六君子湯

                    
・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・


病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る