TOPに戻る。
病名別解説
尋常性白斑・白なまず


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



◆尋常性白斑・白なまずについて

◆現代医学では、原因もはっきりわからず、治療の方法もこれといった決めてもなく、紫外線を照射したり、オクソラーレンを内服するか、塗布する方法が取られているがなかなか治りにくい皮膚疾患です。
一因にはマラセチア菌という一種のカビが関係していると考えられます、マラセチア菌は皮膚の表面に常在している脂が好きなカビで、このカビが増えてくる皮膚疾患が、癜風・しろなまずと云う説があります。

◆漢方的には、精神的肉体的な失調や、その機能上の乱れを是正するのを目的とし、体質改善をはかる事に由って治癒を早める、特に漢方で最も特異な着眼点としているのはお血性体質が潜在していないかという事です、当帰黄耆の薬能を重視して、処方の運用を試みると良いでしょう。 






尋常性白斑・白なまず

帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

@帰耆建中湯:[解説](華岡清州)
虚弱な体質で、黄耆建中湯に当帰が加わった処方です、白斑の皮膚疾患の症状には、荊芥:連翹:白鮮皮:人参を加味する。

帰耆建中湯:[構成]
黄耆(おうぎ): 当帰(とうき): 芍薬(しゃくやく):桂枝(けいし):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):甘草(かんぞう):人参(にんじん):白鮮皮(はくせんぴ):

<黄耆・当帰・白鮮皮の薬能>
黄耆』:味甘微温、外を補い堅きを緩め,寒を除くことを司る、
故に自汗、皮膚の弱さを治し、肌の滞を消す。
◎『当帰』:味甘温、中を緩め外(肌)の寒を退け、気血の行りを良くし、
肌を潤し、解毒作用が有る。
◎『白鮮皮』:去風燥湿・清熱解毒解熱作用・抗真菌作用



A十全大補湯:「解説」(和剤局方)
当帰黄耆人参、を含み、老化のタイプに用いる、鹿茸を併用するのも考慮する、漢方で云う所のは(生命活動の源)という解釈が有る、補腎薬を使用する。色素が脱落するのは腎虚ではないだろうか。

十全大補湯:[構成]
人参(にんじん):黄耆(おうぎ): 当帰(とうき): 芍薬(しゃくやく):地黄(じおう):川窮(せんきゅう):白朮(びゃくじゅつ):桂枝(けいし):茯苓(ぶくりょう)::甘草(かんぞう):鹿茸(ろくじょう):



B荊芥連翹湯:「解説」(一貫堂)
四物湯・黄連解毒湯を含み、皮膚の解毒改善する処方である。
やや実証に用い、お血を処理する方法にて処方の転換を図り、白斑に白鮮皮・黄耆など加えもちいる。

荊芥連翹湯:[構成]
柴胡(さいこ):当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう):地黄(じおう):黄蓮(おうれん):黄今(おうごん):黄柏(おうばく):山梔子(さんしし):連翹(れんぎょう):桔梗(ききょう):白止(びゃくし): 防風(ぼうふう):薄荷葉(はっかよう):甘草(かんぞう):枳殻(きこく):荊芥(けいがい):防風(おおぎ):白鮮皮(はくせんぴ):






◆民間療法の付け薬
ある書物にしろなまず・癜風と云う記載が有ります、必ずしも同じ病名とはいえないが、烏梅120g:補骨脂60g:乾姜20gを焼酎に漬け(冷所に保存)10日して生薬を出し、しろなまずの皮膚に1日3〜4回、付けると良いとある、此の方法も良いと思う。

漢方薬の選択は、下記の問診表にてご相談下さい。

SSL verisign 漢方相談 坂本薬局 漢方薬 漢方薬局 山梨
問診表を使った
御相談




参考になる処方名

●帰耆建中湯 ●十全大補湯 ●荊芥連翹湯 ●当帰飲子
 ●加味逍遙散 ●小柴胡湯 ●柴胡桂枝湯 ●桂枝茯苓丸 
●当帰芍薬散  ●通竅活血湯

・・・・上記の処方は、参考漢方処方です・・・・


病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る