TOPに戻る。
病名別解説
老人性皮膚掻痒症


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



老人性皮膚掻痒症について

◆皮膚に病的変化はなく、全身的に痒みのある、老人に多い疾患である、漢方には四物湯の様な皮膚を軟化させ、潤し痒みを抑える漢方の処方がいくつかある。特に四物湯のなかの地黄は、皮膚に艶を与え、亀裂、かさつきを改善する作用は、すばらしいものがある。『浅田宗伯・橘窓書影』には老人の頑癬(頑固な湿疹)痒痛甚だしく熱亡き者、当帰飲子または十全大補湯。血燥甚だしく熱あるもの、温清飲を用い、水気あって実するもの、東洋赤小豆湯を用い、虚する者は済生赤小豆湯加附子、真武湯加反鼻を用いて効を奏すとある、一般には、当帰飲子、温清飲、荊防敗毒散によってかなり改善することが多い。





老人性皮膚掻痒症


当帰飲子
(とうきいんし)
温清飲(うんせいいん)
荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)


@当帰飲子:「解説」(済生)
血虚、血燥、風熱による皮膚掻痒症が目標である、それ故、貧血症で、皮膚乾燥があり、分泌物少なく、掻痒を主とし、老人や虚弱な人に多く用いる。

当帰飲子:「構成」
当帰(とうき):芍薬(しゃくやく):川窮(せんきゅう): 疾藜子(しつりし): 防風(ぼうふう): 地黄(じおう): 荊芥(けいがい): 黄耆(おうぎ):何首鳥(かしゅう):甘草(かんぞう):



A温清飲「解説」(万病回春)
温清飲は四物湯と黄連解毒湯との合方で、明の時代の東醫寶鑑又は万病回春に記載されている処方である、四物湯の温補養血剤と、黄連解毒湯の清熱寫火の剤をあわせ、両者を兼ね備えた証を有するものであるという意味から、温清飲と名を冠した、特に皮膚掻痒症、慢性湿疹、尋常性乾癬、などに応用される、皮膚全体に乾燥性が有り、ぬかの粉がこぼれる様な痒みの強いフ皮膚掻痒症に用いる。

温清飲「構成」
当帰(とうき): 地黄(じおう): 芍薬(しゃくやく): 川窮(せんきゅう): 黄連(おうれん):黄今(おうごん):梔子(しし):黄柏(おうぱく):



B荊防敗毒散:[解説](万病回春)
此の処方は皮膚の痒み、慢性湿疹に用い、肌が乾燥して、赤み、痒みを訴え発疹が無くとも、皮膚の慢性の痒みに証に随って応用する。

荊防敗毒散
:[構成]
荊芥(けいがい): 防風(ぼうふう):羌活(きょうかつ):独活(どっかつ): 柴胡(さいこ):前胡(ぜんこ):薄荷(はっか): 連翹(れんぎょう):桔梗(ききょう):枳殻(きこく):川窮(せんきゅう): 金銀花(きんぎんか): 茯苓(ぶくりょう): 甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう)





参考になる処方名

●当帰飲子 ●温清飲 ●黄耆桂枝五物湯 
●十全大補湯 ●荊防敗毒散


・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です・・・・

                     病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る