TOPに戻る。
病名別解説
鬱病・更年期


病名別解説に戻る

電話:055-222-7018



鬱病・更年期について

鬱病は、気が滅入る、気が晴れ晴れしない、なんとなく憂鬱である。卒業、就職、進学など春に気を病む人は多い。その様なときに漢方で良い処方がある、処方は数方あるが、蘇葉、香附子、木香、烏薬、反鼻などが含まれる漢方薬を応用する。西洋薬の抗鬱剤など効き目は良いが、副作用に悩む、漢方は副作用なく西洋薬と同時に服用しても良い、調子が調ってくれば、西洋薬の量を減らすことも出来る。

更年期
、精神面での症状
気分が重い・憂鬱感・注意力散漫・情緒不安定・目のくらみ・めまい・衝動の減退・性欲減退・疲労・緊張・頭痛・気が短い・怒りっぽい・不眠・ためいきなど。





鬱病・更年期

逍遙散(しょうようさん)



@逍遙散:[解説](医貫)
主として中年以降の更年期様の不定愁訴(ふていしゅうそ)に用います気分が重い、憂鬱感、疲労、肩こり、頭痛、めまい、不安、不眠、冷え、のぼせ感、怒りなど多様な症状を訴えます。多くの場合、肝気が高ぶり、癇の失調による感情の状態を、逍遙散に香附子、黄連、陳皮を加えると気分の鬱ぎがとれ、気分が楽になります。

逍遙散
:[構成]
当帰(とうき): 芍薬(しゃくやく): 柴胡(さいこ):朮(じゅつ): 茯苓(ぶくりょう):3薄荷(はっか): 甘草(かんぞう): 生姜(しょうきょう):黄連(おうれん):香附子(こうぶし):陳皮(ちんぴ):



<参考になる処方>

逍遙散 ●香蘇散 ●温胆湯加味
 ●半夏厚朴湯 ●桂枝加竜骨牡蠣等  
●柴胡加竜骨牡蠣湯


・・・・上記の処方は、選択しえる参考漢方処方です。・・・・

病名別解説に戻る

坂本薬局のトップに戻る