歴史が物語る・強壮薬
滋養強壮



TOPに戻る。
薬用酒の作り方
薬用酒キッド





電話:
055-222-7018





<漢方薬四大補品>
◆冬虫夏草雪蓮花鹿茸人参は四大補品と言われている.冬虫夏草を用いて配合された漢方酒が広く知られている。
パワー不足・体力低下・精力不足・肺の免疫強化する作用・病後の体力回復などに用いられている。薬用酒は、水で煎じた場合より,少量で有効成分がより多く注出できます。


冬虫夏草・鹿茸・雪蓮花・人参



 1.冬虫夏草酒
  
 
冬虫夏草 20g  ホワイトリカー600ml
  冬虫夏草を潰してから酒に入れ,七日後服用できる、
  補肺益腎・パワー不足・体力不足・疲労回復
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml.

冬虫夏草
(チベット産)
20g 値段は
お問い合わせ。


 2.冬虫夏草・鹿茸酒 (最高級薬用酒)
  
  
冬虫夏草 20g  鹿茸 37,5g 
  ホワイトリカー、800mLに入れてから十日後に服用できる.

  温腎壮腸・精力不足・パワー不足・腎虚
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml.

冬虫夏草(チベット産)
鹿茸
20g
37,5g
値段は
お問い合わせ。


 3.人参、鹿茸酒 (強壮に推奨
 
 
鹿茸 37,5g ・人参100g ホワイトリカー1000ml
  人参100g
,鹿茸(薄切り)37,5g酒に入れ,十五日後服用できる.
  温腎壮腸・パワー不足・体力不足・病後の疲労回復などに.
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml
  中高年の肺腎不足,腎虚に、
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml.

人参
鹿茸
100g
37,5g
値段は
お問い合わせ。


 4.冬虫夏草 人参酒 (夫婦に推奨)

 
冬虫夏草20g・人参100g・ホワイトリカー1000ml
  
に入れてから二十日後服用できる
  病後体弱,体力不足,肺機能,食欲不振など.  
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml.

冬虫夏草(チベット産)
人参
20g
100g
値段は
お問い合わせ。




 5.冬虫夏草雪蓮花酒 (薬用酒の帝王)

  冬虫夏草 20g 雪蓮花 20〜25g ホワイトリカー1000ml
  雪連花・冬虫夏草と酒に入れてから十五日後服用できる.
  パワー不足・腎虚・腰痛・精力減退など.
  使い方:毎日朝晩各一回.一回10〜20ml.

冬虫夏草(チベット産)
雪蓮花
20g
25g
値段は
お問い合わせ。




薬用酒キッドの作り方

(薬用酒の作り方)
@良く洗った広口瓶に生薬100gに対して、ホワイトリカー600MLを注ぎます、
 ふたをして軽く揺すり、生薬をなじませます。
A日の当たらない涼しい場所に保管します、
 最初の4〜5日は1日1回液を軽く揺すり、生薬をなじませます。
B10日後に生薬がホワイトリカーになじんだら、甘味料を加え、良く溶かす、
(必ずしも入れなくて良い)
C14日後に上澄みをとり、できあがります。
 生薬はそのままホワイトリカーに浸けといても良い。

『服用方法』
 毎日朝晩1日2回.1回10〜20ml



<鹿茸酒>

鹿茸37,5g
<雪蓮花酒>

雪蓮花
天山産




冬虫夏草の薬膳としての飲み方

 <免疫力が高められる>

冬虫夏草は最近になって,よく話題になる貴重な薬材である.
中医医師によると,経済状況が許す限り,毎日冬虫夏草を食する,
煎じたお湯を飲み終わってから,冬虫夏草を食べる.免疫力を高め,
免疫力の改善および疲労回復に応用があるようだ.
◎薬膳料理の観点によると、虚弱体質、病後回復不調、免疫力の弱りには,
冬虫夏草を使って鶏,鴨,豚肉などと一緒に煮て食べる

↑冬虫夏草詳細

歴史が物語る、滋養強壮、疲労回復剤に戻る

坂本薬局のトップに戻る