この春、最後のあがき。

2021年03月31日

漢方坂本コラム

ここ最近、急激に暖かくなってきました。

体調を乱しやすい春、

その原因である寒暖差。

三月初旬から気温がゆっくり上昇し、桜の咲く時期にいったん寒くなる。

そして、そのあと一気に気温が上昇。

例年よりもやや早いという印象ですが、

この春最後の気温上昇が今、訪れているという感覚です。

強力です。この暑さは。

比較的症状が落ち着いていた方でも、

かなり症状が不安定になっています。

頭がぼーっとする。

顔がほてる。

イライラや不安感が増す。

皮膚のかゆみが悪化する。

昨日も何件か、現在治療中の患者さまから心配の声をいただきました。

ひとりひとり、患者さまのお体は全く違いますので、

通常、同じ天候の変化でも起きてくる症状は異なるものです。

しかし今回の急激な気温上昇は、

ひとしく同じような症状を引き出させているという印象です。

おそらく、それほど上昇が急激かつ強力だからでしょう。

頭部や皮膚などの人体外部に、強い充血が起こってきています。

ただし、このような急激な変化は、

必ずおさまってきます。人体とは得てしてそういうものです。

今まで行ってきた養生を続けること。

食事や睡眠をもう一度見直すこと。

しっかり頑張っておられる方もたくさんいらっしゃいます。

そういう方は大丈夫です。今まで通りのことを続けていただければ、何の問題もありません。

この春、最後のあがき。

気候が安定してくれば、

そうすれば本当の春、心地よい季節がやってきます。

コートを脱いで、お気に入りのシャツで出かけましょう。

気持ちよく過ごせる時期まで、あと少しです。

タイトルとURLをコピーしました