不透明な医学

By 2020年2月3日 コラム, 雑記

漢方とは何と不透明な医学なのだろう。

長く漢方の世界に携わる程にそれを感じる。

非常に曖昧なまま、情報だけが飛び交っているからである。

困られるのは患者さまだと思う。

振り回されてしまうから。

一番探したい自分に合った漢方薬を、

本やネットから探し当てることは、多分、難しいと思う。

その原因は、漢方を扱う一人一人の自覚の少なさ。

私もその一人である。

どうすれば正しく漢方が伝わるのか、

どうすれば本当に知りたい情報を提供することが出来るのか、

コラムを書く作業は、そんな気持ちの中で文字を打つ行為です。

とりあえず、今日は節分。明日は立春ですね。

豆を食べます。