西洋医学と東洋医学、両者には多くの違いがあるが、

際立って異なることは、東洋医学ではその方の個性を見極めなければならないという点にある。

西洋医学では病名を決定することが最重要の課題であり、

病名を正確に見極められれば、その後の治療は病名に即して行えば自ずと的確なものとなる。

(ただし、治療が的確であることと、病が改善するということとは決してイコールではない。)

一方東洋医学では、病名はその方の病態を見極める上での一つの要素にしか過ぎない。

大げさに言えば、同じ病名(診断名)を受けた方でも、100人いれば100通りの治療手段を見つけなければならない。

〇〇病には〇〇湯、と銘打つ漢方薬をいろいろなところで目にするが、

そう言い切ることは実は難しいことなのである。はっきりと言えば、間違いである。