梅雨入りと夏バテ

2024年06月17日

漢方坂本コラム

今年は去年よりも、梅雨入りが遅いようです。

でもその実感が、私にはありません。

すでに梅雨のような重い湿気を、しばらく前から浴びている気がします。

「梅雨入りが遅い」というよりも、「梅雨が来そうでなかなか来ない」という印象。

気候にメリハリがない。

この状況は、体調不良を誘発させる気候の特徴です。

そもそも人体は、雨が降るならば降り続けてくれた方が楽です。

降ったり止んだりを繰り返す。そういう状況は、人体の血流を乱すと同時に自律神経に負担をかけます。

今年の5月はまさにそうでした。

重い湿気を孕む低気圧が来て、雨が降ったかと思うとまたスカッと晴れる。その繰り返し。

そして台風一号。それほど被害はなかったものの、台風が発生した時、全国的に具合が悪くなる方がたくさんいらっしゃいました。

事実、5月は体調不良を訴える方が増えました。6月に入ってからのほうが楽だという方もいるくらいです。

しかし、私はこの6月も油断は出来ないと思っています。

多分今年の梅雨は、急激にたくさんの雨を降らせる重く濃い低気圧が来ます。

雨が降るならば、降り続けてくれた方が楽。

ただしそれも、当たり前ですが程度によります。

水害が起こるレベルの豪雨、そこまでいなかなくてもザーッと急激に舞い込む重い空気。

そういう濃い雨が降り続けてしまう場合、やはり人体には極端な負担がかかってきます。

また今回の梅雨は、こういった豪雨が断続的・定期的に、短いスパンで繰り返されるという、非常に大きな低気圧の波として生じる可能性があります。

身体へのストレスは、もしかしたら5月の比ではないかも知れません。

確実に体調を崩される方が多くなるはずです。

そして私が怖いのは降る水量もそうですが、それ以上に人体にまとまりつく湿気と、それに伴う急激な冷えです。

腹痛に下痢、便秘、すっきりしない残便感など胃腸症状。さらに強い疲労感やだるさ、人によっては喘息や上咽頭炎の悪化。さらに自律神経が乱れて不安や不眠が誘発され、しかも風邪を引く方も増えてくる。

いわゆる東洋医学でいう所の「湿証」。これが前面に出てくる印象です。

そしてさらに怖いのは、この梅雨が明けたあと。すぐに始まる酷暑の夏。

湿気を含んだまま、急激に気温が上昇します。

まるで服を着たままサウナの中に入るような不快感。

如実に想像できます。おそらく今年の夏は、体調不良を起こす方がたくさん出てくると思います。

5月、梅雨への助走による気圧の強い波。

そこから6月、降水量の多い梅雨と重く濃い低気圧の断続的到来。

さらに低気圧が抜けた瞬間、一気に気温が上昇する7月後半。

この流れ、まさに気象病を誘発させる最悪の条件がそろっています。

まず気を付けていただきたいのが「夏バテ」です。

夏バテは理由があって起こります。それが梅雨からすでに始まっていて、かつ知っていればある程度の予防が出来ることでもあります。

以前、かなり詳しく書いたコラムがあります。下にリンクを貼りますので、是非そちらをご参照ください。

今年の夏は、絶対に夏バテの人が増えます。

もう一度言います。例年にないほどの、夏バテしやすい夏が来ます。

下記のコラムを参照していただき、

その回避の仕方を、是非頭の中に入れておいてください。



◇養生の実際・夏バテ対策編1 ~はじめに~
◇養生の実際・夏バテ対策編2 ~なぜ夏にバテるのか?胃腸の温存と水分摂取~
◇養生の実際・夏バテ対策編3 ~夏バテは胃腸に始まり胃腸に帰結する~
◇養生の実際・夏バテ対策編4 ~寝ることの意味・睡眠と夏バテ~

【この記事の著者】店主:坂本壮一郎のプロフィールはこちら