治療には段階があります。

その方の病態を見極め、それに合った漢方薬を選択すること。

一番重要なことに思えますが、

これは治療の一段目に過ぎません。

どの程度の期間服用を続ければ良いのか。

それを見極めるのが二段目。

処方の改良・変更の必要性を常に吟味する。

それが三段目です。

必要がないのに変更してもだめだし、

必要があるなら変更しなければならない。

さらに四段目として、

生活の中で改善するべきことを、患者さまと治療者とで見つけていく。

そうすることで、

漢方薬を含めたあらゆる薬がなくても

自分自身で体調を管理できるようになります。