漢方とアート 7

2021年04月16日

漢方坂本コラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファッションは色あせても、スタイルは永遠のものだ。

-イヴ・サン=ローラン-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、久しぶりに師匠と電話をした。

その際、ある皮膚病の話になった。

師匠曰く、その病に関しては、私の方が治療経験が多いとのこと。

だから「治し方をレクチャーしてよ」と、

そう、師匠に頼まれたので、僭越せんえつながら思うところを師匠に申し述べてみた。

「弟子に教わる、っていうのは理想的な形だよね」と、

師匠は笑いながらおっしゃられた。

それってなかなか出来ることではない。

師匠のふところの深さを、改めて垣間見た気がした。

後日、師匠からメールが届いた。

早速、僕がお伝えしたことを、患者さまに試してみたのだという。

「坂本君の教え、ありがたやー。」とのメッセージ付きで、

治療前・治療後の患部の写真が送られてきたのである。

そして見て驚いた。

劇的に改善されていた。

お伝えしたのは、まだまとまってもいない、ちょっとしたアイデアにすぎない。

それなのに、ここまでの結果を出されている・・・

私は舌を巻く思いだった。

そして、またその後日。

師匠と電話をした。そこで、師匠に聞いてみた。

この前の症例、結局何を使ったんですか?と。

単刀直入に、出した方剤をたずねてみた。

「何だと思う?・・実はね・・・」と。

先生は使った処方を私に教えてくれた。

驚愕した。そうきたか、と。

私は絶対に出さない、そう思うような処方だった。

そして思い出した。

今まで何度となく感じていたこと。

「エレガント」

師匠の治し方は、いつだってそうだった。

優雅で無駄がなく、それでいて鋭い。

それが師匠の「型」。独自のスタイルだった。

漢方の世界では、正解は一つではない。

正しさは常に複数個ある。その中で、何を選択するかはその人の経験と感覚とにゆだねられている。

だから、感覚を磨くことがとても大切になる。

ただしその感覚は、多くが時代の「流行」に左右されている。

漢方にも流行がある。

日本漢方や中医学、現在日本で行われている東洋医学にはたくさんの「流行」が存在する。

そしてその流れの中で治療することは、ある意味でたやすい。

ただしそれは、多くの場合でその人の「型」ではない。

今までの歴史上の名医には、必ず「型」があった。

尾台榕堂(おだいようどう)には尾台の、

浅田宗伯(あさだそうはく)には浅田の「型」があった。

そしてその「型」はたやすく真似できるものではない。

明確に在るものなのに、それを真似しようと思ってもなかなか思うようにはいかない。

しかし、だからこそ人は追従する。

その「型」を求めて、後世の人たちがそれを求め続けていく。

そしてその結果、「型」は残る。

「型」にまで高められたものは、廃れることなく、後世に残り続けていくのである。

「流行」は消える。いつか必ず他の流行に取って代わる。

しかし「型」は残る。一つの正解として、衆方の規矩きくとなり残り続けていく。

なにが淘汰されていくのか。

そして何を新生するべきなのか。

道であるならば、残り続けたい。

「型」にまで昇華する道のりは、まだまだ遠い。



漢方とアート

タイトルとURLをコピーしました