昭和の大家の一人として有名な大塚敬節(おおつかけいせつ)先生は、

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)中に含まれる芍薬の薬能を「重り」と言った。

歴代の漢方家たちは、しばしばこのような独特な表現を使う。

一見何を言っているのか分からない表現ではあるが、

我々の感覚に訴える言葉をわざと用いて漢方を説明するのである。

明治の巨塔・浅田宗伯は、石膏の薬能を「糟袋の汗を手にてしめて、絞りきってしまふ道理」と表現した。

江戸の名医・山田正珍は、黄連・黄芩の苦味をもって「気を養う」と表現した。

枚挙にいとまがない。漢方家たちは何故か、このような分かりにくい表現を使うのである。

わざと分かりにくい表現をしたのか。

医療の発達していなかった時代では、それを説明する言葉が足りなかったのか。

おそらくそうではない。

感覚的に理解することこそが、理にかなっていたのである。

良くも悪くも、漢方の臨床では感覚的に理解することが必ず求められる。

現代においては、西洋医学的な知識や検査値は漢方治療を行う上でも重要な参考情報であろう。

しかし、それですべての病態が紐解ける訳では決してない。

漢方家は身体の五感を研ぎ澄ませながら治療を行い、腕を磨いてきた。

この方には「重り」が必要だ、

この状態であれば「絞りきって」しまおう、

そういう独特な「感覚」を養うことこそが、漢方治療には求められているのである。