分かると、分からないとの差。

観えると、観えないとの差。

ある日、急な坂道の途中で休憩していた時の話。

坂道の下から、リアカーを動かしながら登ってくる人たちがいた。

若く小柄な人が、前でリアカーを引っ張っている。

そしてやや年配のガタイの大きな人が、後ろからリアカーを押していた。

リアカーに乗っているのは家財道具。

引っ越しだろうか。年配の方が「うっし、うっし」と掛け声をかけていた。

前を通り過ぎるとき、私は二人に話しかけた。

まずは前で引っ張っていた若者に。

「後ろの人は、あなたのお父さんですか?」

「いいえ、違います。」

家族ではないらしい。しかし二人の顔は、どこかしら似ている。

そこで後ろの人が近づいた時に、こう聞いてみた。

「前の方は、あなたの息子さんですか?」

すると、答えはこうだった。

「はい、わたしの息子です。」

出どころは忘れましたが、以前どこかで見聞きしたお話です。

面白いなと思って、覚えていました。少し細部は違ったかもしれません。

もしこの二人が嘘をついていないとしたら。あなたはこの話を理解することが出来ますか?

直感的にどちらかが嘘をついているぞと思う前に、なるほどなと、納得することが出来るでしょうか?

前の若者は、後ろの人を父ではないという。

しかし後ろの人は、前の若者を自分の息子だという。

この矛盾を消し去る着想が、あなたに観えるでしょうか。

そうですね。

一つだけ可能性がある。

後ろの人が「母親」である、という可能性です。

先入観。

物事を正しく見るために、必要であると同時に、往々として邪魔になり得るもの。

治療においては、いつだってこのバランスが問題になる。

分かったと思いつつも、本当に分かっているのかを、常に自問し続けなければなりません。

例外はありません。あらゆる知識や情報に対して、この作業が必要です。

曖昧な概念を扱う東洋医学。だからこそ、この作業から目を背けることができません。

師匠が最初に教えてくれたこと。

それは、今までの常識にケツを向けろ、ということでした。

つまり、先入観との折り合いを模索し続けろということ。

分かると分からない、観えると観えないとの狭間にこそ、真実があるという口訣です。