症例報告10回目を迎えて

漢方治療というものが、実際にどのようなものなのか、

治療者からの視点で紹介する症例シリーズも今回で10回目を迎えました。

臨床は試行錯誤の連続です。

著効した症例ばかりを挙げておりますが、

力が及ばないことも当然あります。

患者さまに教えてもらいながら、日々成長させてもらっている、

この感覚が一番近い私の日常だと思います。

これからも、日々の中で印象に残った症例を挙げていこうと思います。

不可思議に感じられやすい漢方治療が、

少しでも皆さまにとってイメージしやすいものになりますように。

祈る気持ちで、続けていこうと思います。