虚構

By 2019年4月13日 コラム

ちょっとだけ難しい話。

漢方はたくさんの言葉によって作られています。

「気」とか「血」とか「陽」とか「陰」とか。

でもあえて誤解を恐れずに言えば、

これらの概念は虚構にしかすぎません。

人は分からないものを想像力で補います。

そうやって作られた虚構が「漢方の理」です。

しかし虚構には力があります。

虚構は非常に強い力を持った道具です。

ただし条件付きです。

正しく想像できたものだけ力を持ちます。

「正しく想像する」

この最も難しい作業を、

何代も何代も、脈々と続けてきたのが漢方の歴史です。

→「病名別解説集 序