「いつも、いつまでも、健康でいたい。」

ごく自然な欲求として、人は誰しもが健康でいたいと願うものです。

この欲求こそが、養生の源(みなもと)。

人が持つ、とても強力な「願い」と「祈り」です。

そもそも医療自体がこの欲求によって支えられてきました。

「健康でいたい」と願うこと、それがそのまま医療を進歩・発展させてきました。

そしてその願いが持つ力は、非常に濃く・深いもの。

歴史的に幾多の国家が興(おこ)り、滅びる中、医療は絶対に滅びなかった。

政治的意図から焚書坑儒(ふんしょこうじゅ:儒学の弾圧)を行った秦の始皇帝でさえ、

医学書は絶対に燃やしませんでした。

「健康でいたい」という欲求が人にとってどれだけ根深いものなのか。それを歴史が証明しています。

ただ少し怖いと感じる部分もあるのです。

そもそも「健康」とはいったい何なのでしょうか。

WHO(世界保険機関)から言わせれば、

「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気がないとか虚弱でないということではない」(Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity)

わかったような、わからないような・・・。

人が原始的に持つ強い欲求であるにも関わらず、

「健康」とは何かを明確に言える人は少ないのではないでしょうか。

だからこそ、人は惑わされる。

「健康」という言葉に人は振り回され、

「健康でいたい」という欲求に、思考を停止させてしまうことさえあります。

この強力な「願い」と「祈り」には、付け入るスキが沢山あるのです。

だから怖い。

強く願い、深く祈るのであれば、

まずは「健康とは何なのか」ということを、今一度よく考えなければなりません。

人は願うことができます。祈ることもできる。そしてこれらを叶える力も持っています。

しかし、時に願いは妄想となり、祈りは畏れになります。

こうあるべきだ、こうした方が良い。そういう意見にしがみつきたくなる気持ちだってある。それが人というものでしょう。

だからこそ、理解していなければなりません。

目の前に答えがないからこそ願い、叶っていないからこそ祈るのだということを。

「健康とは何かを考え続けること。」

何かを食べる、何かをやる、そういうこと以前の問題として、

まずはそれこそが、養生の本質です。



養生の本質 1