kanpousakamoto_admin

これから漢方を志す方々へ 6

さて、次はどのグループに進むべきでしょう。「これから漢方を志す方々へ 3」であげた大まかなグループ構成は、A、傷寒論や金匱要略・黄帝内経などの古典 B、江戸(明治)時代に書かれたもの C、昭和(大正)時代に書かれたもの(昭和の大家)D、昭和後期から平成に書かれたものというものでした。C「昭和の大家」の次は、BとDとへの派生、というのが正直な回答です。

これから漢方を志す方々へ 5

今回は「昭和の大家」の解説集を読むにあたっての注意点。一つだけ説明します。初学者でもなじみやすい文章ということは、初学者に合わせた文章ということでもあります。つまり大塚敬節先生は、ご自分の考えを殺して本を作成している、という可能性があります。本に書いてあることは学問の導入に必要なのであって、あくまでそれが全てではない、という理解はしておく必要があります。

これから漢方を志す方々へ 4

昭和の時代の本には、漢方の初学者にとっても分かりやすい解説集が多々あります。まずは大塚敬節先生の著作を主軸に読む(解説集として最もその傾向が強いからです)。そして矢数道明先生や細野史郎先生の著作を読み、後に龍野一雄先生や荒木性次先生の世界に触れる。さらに湯本求真先生の皇漢医学や、森道伯先生の一貫堂医学(矢数格先生が解説されている)へと広がっていく。導入としてふさわしく、かつ知る必要のある時代だと思います。

これから漢方を志す方々へ 3

漢方の解説書を大まかに分けると、4つに大きく分かれています。A、傷寒論や金匱要略・黄帝内経などの古典 B、江戸(明治)時代に書かれたもの C、昭和(大正)時代に書かれたもの D、昭和後期から平成に書かれたもの と、時代によって分かれる。そして、それぞれに特徴があるのです。まず読むべき本は、Cの「昭和(大正)時代に書かれたもの」です。

これから漢方を志す方々へ 2

これから漢方を志す方々へ向けて。僭越ながら、「本」についてのアドバイスです。まずは「歴史」を勉強できる本を読むべきです。処方の勉強や漢方理論の勉強、古典の読解などはその後で良い。まずは日本と中国の歴史と、できれば今までどのような漢方家がいたか、漢方の流派があったか、ということをザックリとでも知っておいてください。学問は全体を俯瞰する目がとても重要です。

通勤ラッシュ

小さな町・甲府ではあまり経験することのない「通勤ラッシュ」。 東京にいたころは毎日経験していました。 人と人との快適...

これから漢方を志す方々へ 1

漢方には中医学派とか古方派とか後世方派とか何々先生派とか、本当にたくさんの流派がある。しかし、これらは入り口にしか過ぎないと思うのです。学は重要ですが、学に溺れると人は治せません。臨床家としてやっていくには、結局自分でやり方を見つけていくしかないのですから、とにかく自分の形を作る前に、手当たり次第やってみた方が良いと思います。

病名別解説「皮膚病」

東京にいたころの修業時代に、 「漢方の臨床家を志すなら、皮膚病治療に精通しておかなければならない」と、教えられました。...

漢方薬が合う・合わない

漢方薬が体に合わないと感じられたことのある方にご説明したいのは、それは漢方薬がすべて合わないのではなく、 合わない漢方薬を選択し続けてしまった可能性があるということです。合わないと思うのは、患者さまの体質のせいではありません。治療者が合わない漢方薬を選択してしまったということに原因があります。漢方薬服用後に体調が悪くなったり、なかなか効き目を感じなかったするのは、ほとんどが的確な治療が行えていなかったからです。

ワイナリー

今回・前回の写真は、甲府駅から歩いて5分ほどの所にあるワイナリーSADOYA(サドヤ)さんの地下。 甲府の中でも、おす...
タイトルとURLをコピーしました