漢方処方解説

【漢方処方解説】半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

半夏瀉心湯。葛根湯ほどではないにしても比較的良く使われます。特に胃腸の薬として有名です。「心下痞硬(しんかひこう)」と呼ばれる胃もたれに良く効きます。六君子湯のように単純に気を補う薬ではありません。また人参湯のように単純に胃腸を温める薬でもありません。この薬には熱を冷ます寒薬と、体を温める温薬とが同時に入っています。

【漢方処方解説】十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)・後編

体力を回復して疲労を去る補剤。その有名処方の一つである十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)。そして本方と同じく補剤として有名なのが補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。十全大補湯は気虚と血虚との両方をカバーして補うことができる薬で、補中益気湯は補気剤として有名。両者の違いは補血作用の有無、ということになりそうです。

【漢方処方解説】十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)・前編

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)の処方には「原型」があります。まず十全大補湯は「八陳湯(はっちんとう)」という処方を原型にしています。さらに「八陳湯」は「四君子湯(しくんしとう)」と「四物湯(しもつとう)」という薬を原型にしています。従って十全大補湯を知るためには、最初に四君子湯と四物湯とを理解する必要があります。

【漢方処方解説】大柴胡湯(だいさいことう)

昭和の名医・大塚敬節先生が最も使用した薬は大柴胡湯だったそうです。自律神経失調やホルモンバランスの乱れを始めとして、心療内科・消化器科・婦人科・呼吸器科・耳鼻科・眼科・皮膚科など、様々な領域の病に応用されていたそうです。大柴胡湯は、見極められると様々な病に応用できる薬です。今回はその運用のポイントを述べたいと思います。

【漢方処方解説】呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

頭痛・片頭痛、胃痛・月経痛、下痢、脚気衝心(かっけしょうしん)、心臓性喘息、パニック障害、ホットフラッシュ・酒さ・酒さ様皮膚炎などで用いられることのある呉茱萸湯(ごしゅゆとう)。数多の薬の中でも、呉茱萸は特殊な生薬で、今ではなくてはならない生薬の一つになっています。呉茱萸を使わなければ治らないという病態が存在するからです。

【漢方処方解説】桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

瘀血(おけつ)の名方、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)。以前紹介した当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や加味逍遙散(かみしょうようさん)と並び、婦人の聖薬として頻用され、「瘀血」と呼ばれる血行障害を改善する目的で使用されています。桂枝茯苓丸が改善する血流があるのだとしたら、それは明らかに骨盤内の組織・臓器です。

【漢方処方解説】半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)は、胃腸の弱い方のめまい・頭痛・耳鳴りの薬です。水毒(水分の停滞や偏在)を治す薬として有名で、起立性調節障害やメニエール病などに使われています。胃腸の弱さを回復する六君子湯や、疲労を去り体力を回復させる補中益気湯に、天麻や沢瀉などの頭部や耳部に効果的な生薬を加えています。

【漢方処方解説】柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

柴胡桂枝湯の適応は「風邪」「ニキビ(尋常性ざ瘡)」「婦人科の病:PMS・無月経など」「自律神経失調症」「パニック障害」「胃腸の病:胃痛・腹痛・下痢・便秘・過敏性腸症候群など」と、すべて一見脈絡がありません。今回の解説ではこの処方についてやや深く掘り下げて解説していくとともに、この不思議さの秘密を紐解いていきます。

【漢方処方解説】帰脾湯・加味帰脾湯(きひとう・かみきひとう)

心療内科系の漢方薬として有名な帰脾湯・加味帰脾湯。薬局では「心脾顆粒」という名称でもしばしば販売されています。医療用漢方製剤の添付文章によれば、本方は「虚弱体質で血色の悪い人の貧血・不眠症」に使う薬と記載されています。今回はこの処方の方意をもう少し深く掘り下げていきたいと思います。

【漢方処方解説】加味逍遙散・逍遥散(かみしょうようさん・しょうようさん)

月経前にイライラする、といえば加味逍遙散。そう想起するほど、本方はPMSに頻用されている有名処方です。ただし当然、PMSにおける全てのイライラにこの処方が効くわけではありません。逍遥散に牡丹皮(ぼたんぴ)、山梔子(さんしし)という身体の興奮や炎症症状を抑える清熱剤を加えたのが加味逍遙散です。