養生の回覧板

冷えと加速 〜 加速的に体を温める手段〜

冷えには加速度があります。つまり急に冷えるのか、穏やかに冷えていくのか。今の時期は、加速度をもって、急激に、冷える次期です。この時期に起こりやすい現象として、手足が冷えてなかなか温まらないという症状があります。基本的には筋肉トレーニングが有効ですが、それにも限界があります。したがってもしこれらの症状でお困りの方は、漢方治療をお勧め致します。漢方には「加速的に体を温める」という手段がいくつかあるからです。

台風一過

漢方坂本は昨日・本日をお休みをいただいております。 関東を急襲した台風19号。 自然の猛威を目の当たりにした今回、 ...

台風19号(ハギビス)

土曜から日曜にかけて、日本に近づいてくる台風ハギビス。 予測軌道を見ると、日本を襲うぞ!という強い意志すら感じます。 ...

酒さ様皮膚炎と秋

今時期心配になるのが、急激な寒暖差によって顔がほてり、場合によっては顔面に皮膚炎が起こる「酒さ鼻」。夏に安定し、秋や冬になると悪化するという傾向があります。今まで安定していた方なら、一時的にほてりを感じても落ち着くケースが多いので心配ありませんが、自律神経の不安定さをそのまま放っておいている方は、ほてりが強く出る可能性がありますので注意が必要です。

秋空と病

天が高い。 秋ですね。秋には「燥気」が天を埋めます。 内経(だいけい)と呼ばれる東洋医学の聖典にそう解説されている通...

のどの痛みに効く漢方薬

この時期、非常に多くなるのが、のどの痛みに関するご相談です。結論から言うと「のどの痛み」には漢方薬がとてもよく効きます。エキス顆粒剤で十分です。お湯に溶かして、のどに付着させるようにゆっくりと飲み下すのがコツです。効きが良いため、頓服薬(症状がある時だけ飲む薬)として、家庭に常備しておくことをオススメしています。

ダイエットの原則

特に健康上問題はないが、ダイエットしたいという方へ。夕飯を食べずに寝てみてください。それがまず基本です。 それでも体重が減らない場合、二、三十分の汗をかく程度の運動をする。できれば毎日。絶対とは言えないまでも、かなりの方がこれでやせるはず。取り入れる食事と、代謝とのバランス。これがダイエットの原則です。

酒さ様皮膚炎

顔が赤くなって恥ずかしいという思いをする方は、多いと思います。程度が軽ければ問題ありませんが、顔がチクチクと痛み、あるいは痒くなり、発疹まで出るということがあります。酒さ様皮膚炎。西洋医学でもなかなか治療の難しい病に属する疾患です。人によって適応する薬方も、そして治療期間も異なってくるため、個人差を重視する東洋医学的解釈をフル動員して治療に臨む必要があります。

9月

9月に入りました。 だんだん涼しさが増してきて、個人的には嬉しい限りです。 ただ油断していると体調を崩します。 一...

湿気に包まれる

今年の夏は雨が多い。 将来熱帯化してやると言わんばかり。 そんな瘴気にやられ、湿気で具合を悪くしている方がとても多く...
タイトルとURLをコピーしました