めまいについて

めまいは様々な疾患によって起こりますが、特にメニエール病や良性発作性頭位めまい症(BPPV)は漢方治療のお求めが多い疾患です。西洋医学的な治療を行っても良くならない、または一時的に良くはなるが何度も繰り返してしまうということが多いためです。まためまいが起きるけれども原因がわからないという方も来局されます。通常めまいは耳や脳の疾患に付随して起こりますが、めまいを持つ方の四分の一ほどは病院にて検査をしても原因がわからないと言われています。

めまいと漢方治療

こういっためまいに悩まされいる方々は、漢方専門の医療機関におかかりになることを強くお勧めします。漢方治療によって改善するケースが多いからです。特にメニエール病では即効性をもって著効することも少なくありません。これらの病は耳(内耳)の疾患として定義されていますが、西洋医学的に難治性のものは、耳の問題だけでなくカラダ全体の乱れとして発生していることがあります。特に自律神経の乱れといった西洋医学的に調節の難しい病態を多くのケースで介在させており、そのような全体の乱れを調えるという治療においては、漢方治療に一日の長があります。そしてめまいの発作を止めるというだけでなく、めまいそのものを起こさない体へと向かわせていくことが可能です。そのため慢性経過しているめまいでは、漢方治療をお求めになる方が特に多いと思います。

●「水毒」とは:「水の過剰」ではない
諸々の漢方解説によると、めまいの原因は「水毒」であると説明されています。「水毒」とは身体に余分な水が溜まっている状態であり、この余分な水を除き、水毒を取り去ればめまいは治るという解説です。実際の臨床においても、確かに利水薬と呼ばれる水毒を去る薬を以てめまいは改善します。ただし身体の水は、ただ不足したり過剰になったりするだけではありません。

身体にとって必要な水がある所に溜まっているということは、あるべき所に行けていない、ということでもあります。つまり水が過剰になっている部分と、不足している部分が共存しているという病態が「水毒」です。したがって正確に言うならば、水毒は水の過剰ではなく、水の「偏在」を指しています。

めまいを実際に改善されている先生方は、水を抜くという考え方ではなく、水の偏在を調節するという考え方で薬方を選択されています。さらに、めまいの原因は水毒だけでなく、より自律神経系の安定に重きを置いて治療しなければいけない時もあります。つまりめまいは「水毒」だと一律的に言えるものではありません。より広い東洋医学的な病態解釈を行うことによって、はじめて改善へと向かわせることができます。

使用されやすい漢方処方

①沢瀉湯(たくしゃとう)
②茯苓沢瀉湯(ぶくりょうたくしゃとう)
③苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
④真武湯(しんぶとう)
⑤桂枝去桂加茯苓白朮湯(けいしきょけいかぶくりょうびゃくじゅつとう)
⑥当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
⑦半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
⑧半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
⑨大黄黄連瀉心湯(だいおうおうれんしゃしんとう)
⑩釣藤散(ちょうとうさん)
⑪桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
⑫抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
※薬局製剤以外の処方も含む

①沢瀉湯(金匱要略)

 めまい、特にメニエール病では第一選択的に検討するべき処方である。出典の『金匱要略』「痰飲咳嗽病」において「冒弦(ぼうげん:めまい)」の治剤として提示されている。沢瀉と白朮という2味で構成された極めてシンプルな処方ではあるが、メニエール病にて生じるような発作性の激しいめまいに対して迅速な効果を発揮することが多い。沢瀉はサジオモダカの塊茎にて水辺で育つ植物である。水が豊富な場所においても腐らずに育つ水はけの良い植物だからこそ、身体の水を強くさばくことが出来る。その強い利水性ゆえ、陰分の不足を介在させる病では使用に注意が必要である。発作時に使用するにしても、発作が止まった後の本治では他剤と併用するなどの配慮を必要とする。
沢瀉湯:「構成」
沢瀉(たくしゃ):白朮(びゃくじゅつ):

②茯苓沢瀉湯(金匱要略)

 めまいの治療薬としては苓桂朮甘湯が有名であるが、本方も突発的に起こる強力なめまいに対して迅速な効果を発現し得る利水剤である。苓桂朮甘湯と沢瀉湯とを合方したような組成を持つ。確かにそういった意味あいでも用いることができるため、運用の幅は広い。しかし本質的な適応病態はこれらを合方したものとは異なる。本方は茯苓甘草湯の加減方にて、一種の自律神経の過緊張状態に適応するものと思われる。突発的なめまいと伴に悪心・嘔吐を伴い、さらに呼吸促拍や胸苦しさ、手の厥冷や不安感を伴う者。メニエール病の発作は緊張を強いられた時に起こることがある。自律神経の乱れを前面に生じるめまい発作に適応しやすい印象がある。
 本方はもともと胃反という突発的な嘔吐に用いられた処方である。出典の『金匱要略』では「吐して渇し水を飲まんと欲する者」と適応が指示され、古来よりこの口渇が何であるかが議論されてきた。おそらく五苓散のように嘔吐からの脱水による口渇というだけではなく、より自律神経的な、過緊張状態によって起こってくる咽や口腔の乾燥感を包括した、いわゆる神経性嘔吐症に近いような状態であろうと考えている。
茯苓沢瀉湯:「構成」
桂枝(けいし):甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう):茯苓(ぶくりょう):沢瀉(たくしゃ):白朮(びゃくじゅつ):

③苓桂朮甘湯(金匱要略)

 立ちくらみやめまいの治療薬として有名。メニエール病のように激しい回転性のめまいを生じる者では、本方に沢瀉を加え苓桂朮甘湯加沢瀉(苓桂朮甘湯合沢瀉湯)という形で用いられることが多い。本方の適応は痰飲・頭弦・気上衝である。すなわち浮腫みの傾向があり、急に立つと血の気が引くような立ちくらみを覚え、同時にみぞおちから胸に向かってのぼり上がるような動悸を感じて息苦しくなる、という状態が正証である。メニエール病や良性発作性頭位めまい症を患う方は、平素からこのような症状を持っている方が確かに多い。利水剤であると同時に、貧血を改善するための薬でもある。水毒とは水の偏在である。溜まった水がしかるべきところに入り、流れれることで貧血が改善されるのである。本方と茯苓沢瀉湯とは共に苓桂剤に属し、自律神経を安定させる薬能を持つ。ただし運用には急・緩の違いがある。臨床的にはこの差が非常に重要で、数個の生薬の違いといえども疎かにはできない。
苓桂朮甘湯:「構成」
桂枝(けいし):甘草(かんぞう):茯苓(ぶくりょう):白朮(びゃくじゅつ):

④真武湯(傷寒論)

 附子剤として陰証に属するめまいの治療薬として用いる。陰証とは身体の新陳代謝が衰え、水を巡らせる力を弱まらせた状態。「頭弦、身瞯動し、振振として地に擗(たお)れんと欲す」というのが出典にて示す適応症状であり、自分の軸を保てず倒れこみそうになるようなめまいというのが目標である。お年寄りや身体虚弱な体質の者に用いる機会が多い。ただし若く体格のしっかりした者でも一時的に陰証に陥ることはあり得る。また本方は一つ一つの生薬の増減や加減を行うことによって、非常に幅広い症状を包括して治療することが可能である。めまいのみならず頭痛や胃痛、浮腫みや下痢・喘息など、「水気」の治剤として身体の水分代謝を広く是正する方剤である。
真武湯:「構成」
茯苓(ぶくりょう):芍薬(しゃくやく):蒼朮(そうじゅつ):生姜(しょうきょう):附子(ぶし):

⑤桂枝去桂加茯苓白朮湯(傷寒論)

 あまり有名な処方とは言えないが、漢方の理を解釈する上で重要な処方であり、その運用を心得ると身体の水分代謝を調える際の要薬となる。特にめまいや頭痛に対して迅速な効能を発揮し、メニエール病において運用の機会が多い。本来は「心下満微痛」という胃部の不快感を目標に用いる処方である。
 総じてめまい治療ではまず胃(心下)を見る。胃は身体の水分循環をつかさどる要所であり、この部に失調があると上下・内外の水の運行がせき止められる。先に述べてきた沢瀉湯・茯苓沢瀉湯・苓桂朮甘湯・真武湯・そして本方は大きく見れば皆な胃薬であり、胃部の水飲の支(つか)えを去ることで頭部に溜まる水をさばく薬方である。
桂枝去桂加茯苓白朮湯:「構成」
芍薬(しゃくやく):甘草(かんぞう):生姜(しょうきょう):大棗(たいそう):茯苓(ぶくりょう):白朮(びゃくじゅつ):

⑥当帰芍薬散(金匱要略)

 婦人科系の薬として有名な本方は、めまい治療においても重要な方剤である。月経前になると浮腫み、重い帽子をかぶったように頭がくらむという者。有名処方であるが故に頻用されているはいるが、運用に際しては注意しなければいけない点もある。まず当帰・川芎は強く血行を促す薬であり、人によってはのぼせを強めてめまいを悪化させる。他方に変方するか、芍薬を増量したり苓桂剤と合方したりといった配慮が必要になる。また貧血傾向の者に適応するという解説もあるが、真の貧血の者に用いると血を消耗したり胃に負担がかかることもある。的を射て使用すれば高い効果を発揮する処方なだけに、適切な運用が求められる。
当帰芍薬散:「構成」
当帰(とうき)・川芎(せんきゅう):芍薬(しゃくやく):茯苓(ぶくりょう):蒼朮(そうじゅつ):沢瀉(たくしゃ):

⑦半夏白朮天麻湯(脾胃論)(医学心悟)

 半夏白朮天麻湯には2種ある。一般的に解説されているのは『脾胃論』の方剤である。胃腸が弱い方のめまいに用いられ、メニエール病に適応すると解説されているものが多い。しかし本方はメニエール病の発作時に見られるような激しいめまいを改善する薬方ではない。水の偏在にて頭部に水が溜まるも、同時に水(津液)の不足も強く介在させているような状況に用いる薬方である。水の不足が絡んでいるため、頭部に溜まる水にも勢いはない。したがって平素から胃腸が弱い方でメニエールが長引き、発作はそれほど起きないがいつまでも頭がさっぱりとせず、耳鳴りが継続しているという段階で用いる場がある。
 これに比べると『医学心悟』の半夏白朮天麻湯には切れ味がある。小半夏加茯苓湯という支飲の治剤に、耳鳴りや頭痛を鎮める熄風薬である天麻が配合された本方は、いわゆる半夏適応の体質者に運用するべき機会がある。半夏の本質的な薬能は降気・利水であり、外・上部に張り出す気味のある浮腫に適応する。下半身は細いが上半身に肉が付きやすいという者。それほど胃の弱さを自覚せず、過食の傾向があり食後にめまいの発作が生じやすいという者。発作時に強い耳鳴りを伴いやすく、動脈硬化や高血圧の傾向があるという者。沢瀉を加えることが多い。第一選択的に用いられることは少ないが、他剤で効果がないという時に知っておくべき方剤である。
半夏白朮天麻湯(脾胃論):「構成」
半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):茯苓(ぶくりょう):陳皮(ちんぴ):白朮(びゃくじゅつ):蒼朮(そうじゅつ):沢瀉(たくしゃ):天麻(てんま):麦芽(ばくが):神麹(しんぎく):黄耆(おうぎ):人参(にんじん):黄柏(おうばく):乾姜(かんきょう):
半夏白朮天麻湯(医学心悟):「構成」
半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):茯苓(ぶくりょう):陳皮(ちんぴ):白朮(びゃくじゅつ):天麻(てんま):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):

⑧半夏厚朴湯(金匱要略)

 心療内科領域・精神科領域に用いられる方剤として有名。最も有名な適応は「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれる咽に何か詰まったようで苦しいという症状である。ただし本方は梅核気を絶対目標とする処方ではなく、身体に備わるある種の緊張感を去る薬方。特に胸部(胃から肺)の緊張による息苦しさや吐き気に対して効果を発揮しやすく、またそこから派生して、めまいや眼瞼の震えなど首から上の症状に効果を及ぼすことがある。自律神経的な乱れを前面に出している者のめまいに対して、単独もしくは他剤に合方して用いられることが多い。
 本方の基本骨格は小半夏加茯苓湯という「支飲」を治す方剤である。体内の水分は発散されたり保持されたりを繰り返しているが、ある種の緊張感は発散を抑制し、保持を強めて身体内に水を貯める。つまり精神の乱れを持つ方の中には、身体に水を蓄積または偏在させている方が多い。
半夏厚朴湯:「構成」
半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):茯苓(ぶくりょう):厚朴(こうぼく):紫蘇葉(しそよう):

⑨大黄黄連瀉心湯(傷寒論)

 黄連・大黄などの清熱薬を用いて改善するべきめまいがある。人は興奮して頭に血を上らせると、卒倒するようなめまいを生じる。激しい怒りとともに顔が赤くなって熱感をおぼえ、こめかみがドクドクと拍動して頭痛を起こしたりする。このような症状と伴に起こるめまいは熱証に属する。本方はこれに対応する代表的な清熱剤である。
 本方のみならず、熱に属するめまいには黄連剤が適応しやすい。黄連解毒湯や女神散・温清飲の加減などを用いることが多い。また頭部に上る熱を大黄などの下剤を以て鎮火させる手法もある。特に「瘀血」と言われる血行障害を持つ病態にて用いられやすく、桃核承気湯や通導散・治打撲一方などが用いられる。
三黄瀉心湯:「構成」
黄連(おうれん):大黄(だいおう):

⑩釣藤散(普済本事方)

 近年頭痛治療薬として注目されている本方は「痰証」に属するめまいの治療薬でもある。その運用は大塚敬節先生の『症候による漢方治療の実際』に詳しい。早朝目が覚めた時に頭痛し、動いているうちに忘れる。早朝の頭痛でなくても、のぼせて肩がこり、フワフワしためまい感を訴え、耳鳴りや目の充血があり、瞬きが多く眼がくしゃくしゃするという方。大塚先生は脳動脈の硬化に基づくものと示唆しているが、臨床的にも確かにと感じる部分がある。高脂血症や高血圧があり、動脈硬化を指摘されている方。原型は温胆湯という処方。温胆湯適応者のように胃がつまりやすい方は、興奮して身体上部に熱を蓄し、脈中の陰分を損ないやすく、血管が詰まりやすい。『医学心悟』の半夏白朮天麻湯も温胆湯を基礎とするが、彼方は溢れる「痰飲」を去ることを主とし、本方は「傷陰」を兼ねる者を主とする。
釣藤散:「構成」
半夏(はんげ):生姜(しょうきょう):陳皮(ちんぴ):茯苓(ぶくりょう):人参(にんじん):麦門冬(ばくもんどう):甘草(かんぞう):菊花(きくか):石膏(せっこう):防風(ぼうふう):釣藤鈎(ちょうとうこう):

⑪桂枝加竜骨牡蛎湯(傷寒論)

 自律神経の過敏・興奮状態に適応する本方は、フワフワと浮くように感じるめまい、まるで雲の上を歩いているような感覚をおぼえるめまいに著効することがある。不安と焦りが強くじっとしていられない・寝つきが悪くて眠りが浅く、夢を見やすい、動悸して胸苦しく耳鳴りが止まないなど。「虚労(きょろう)」とよばれる一種の疲労から、このような興奮状態を起こしている者のめまいに適応する。
 竜骨・牡蛎を内包する方剤の目標は自律神経の不安定さである。精神症状としては不安や焦り、落ち着きのなさというのが最大の目標になる。その他、ソワソワする、フワフワする、不安で恐ろしい、居ても立っても居られない、一つの場所でじっとしていられないなど。上に浮揺する陽気を、竜骨牡蛎の重みで鎮めるという薬能を以て、興奮を鎮め、めまいを落ち着かせるのである。したがって本方の他に柴胡加竜骨牡蛎湯や桂枝甘草竜骨牡蛎湯なども、このようなめまいに用いられることがある。
桂枝加竜骨牡蛎湯:「構成」
桂枝(けいし):芍薬(しゃくやく):甘草(かんぞう):大棗(たいそう):生姜(しょうきょう):竜骨(りゅうこつ):牡蛎(ぼれい):

⑫抑肝散加陳皮半夏(浅井腹診録)

 本方は自律神経失調や脳神経疾患(脳血管障害後遺症やパーキンソン病、アルツハイマー)などへの適応が有名である。特に頭痛やめまい、耳鳴りなど頭部に生じてくる症状に用いられることが多い。本方の運用を得意とした先哲に和田東郭がいる。そして和田東郭は本方の適応を「多怒・不眠・性急」と端的に示している。寝つきが悪くイライラしやすい者。我慢ができず少しの刺激ですぐに怒気を発する者。鋭い怒気を発するが、どこか根がなく、むしろ怒気に振り回されてしまっている者に適応する印象がある。緊張は血の流れを結滞する。本方は結ばれた血脈を通じることで、手足・頭部といった末端にまで血行を促す薬能を備えている。また内風をしずめる釣藤鈎を含むところも本方の特徴。怒気は風にて巻き上がると頭でこじれる。怒りとともに頭痛や耳鳴り、卒倒するようなめまい感を伴う者に適応する。黄連を加える時もある。東郭は本方にかならず芍薬を加えて用いていた。
抑肝散加陳皮半夏:「構成」
当帰(とうき):川芎(せんきゅう):茯苓(ぶくりょう):白朮(びゃくじゅつ):甘草(かんぞう):柴胡(さいこ):釣藤鈎(ちょうとうこう):陳皮(ちんぴ):半夏(はんげ):

臨床の実際

めまい、特にメニエール病では多くの場合で「水毒」が関与します。これはメニエール病が内耳に存在している液体(内リンパ嚢)の量が過剰になることで起こると考えられている所からも頷けます。ただし上で述べたように、漢方は耳という部分だけで人体を解釈するのではなく、より全体を把握することで病を理解します。すなわち「水毒」とは単なる水の過剰というだけでなく、同時に行くべき所に水が不足している「偏在」の状態であるということを基本に治療を組み立てます。つまり内耳に水が溜まっているということは、その分身体のどこかに水の不足が介在しているということです。そして水の不足はさらなる水の貯留を導きます。したがって単純に水を抜くという治療をしていれば良いかというと、それだけでは改善されません。

すべてのめまいが「水毒」に属しているわけではなく、利水以外の手法を用いるべき時もあります。しかしここではネットや本などで頻繁に用いられている「水毒」という病態が、実際にどのように治療されているのかを解説していきたいと思います。

1.利水剤と利尿剤

「水毒」とは水の「偏在」です。したがって過剰に貯留している水と、水が不足している状態とが共存しています。ただし全体でみて未だ水の不足が顕著ではない場合は、水を積極的に抜くことができます。その時漢方にて用いられる手法が利水です。西洋薬でもイソソルビド(イソバイド)という利尿剤が用いられ、強力な回転性のめまいに対して迅速な効果を発揮します。漢方薬の利水剤も、多くのケースでこれに負けない迅速な効果を発揮します。効果の迅速性という意味では同じですが、私見では最初に漢方薬から試された方が良いように思います。

●メニエール治療で陥りがちな悪化:水の抜きすぎ
その理由は利尿剤と利水剤との違いに起因しています。西洋薬にて用いられる利尿剤は、その名の通り利尿を図るための薬で、身体の水分を強力に抜くための薬です。したがってあまり使い過ぎると、身体にとって必要な水さえも失う場合があります。当薬局にこられた患者様の中には、効き目の良いイソソルビドを連用しているうちに、夜間からだが熱くなって眠れなくなったという方がたまにおられます。こういう方は不眠と同時に、頭や首、背中、手足のひらが熱くなって気持ちが悪く、口が乾燥して水を含みたくなるといった症状も同時に出てきます。この状態は中医学でいうところの「陰虚(いんきょ:身体にとって必要な水分が枯渇したことで熱症状が出てきている状態)」に属します。非常にこじれた状態で、一旦こうなってしまうと改善までにかなりの時間がかかってしまいます。

一方で漢方における利水剤は、水の偏在を治す方剤です。つまり余分な水がある時は小便より水の排出を促しますが、水の偏在が取れたあとも限りなく水を出させ続けるということはありません。漢方薬の中でも水を排出させる力の強い方剤はありますので、水の不足が明らかな場合は気を付ける必要がありますが、なるべく体に禍根を残さずに水の排泄を促すという意味では、漢方薬の方が優れていると思います。

2.利水の手法

漢方の利水剤として有名なものに「五苓散」があります。水毒イコール利水剤、利水剤イコール五苓散という解釈で、めまい治療に頻用されている傾向がありますが、実際の臨床においては気を付けるべき点があります。

●五苓散とメニエール病
五苓散は身体の水分代謝異常に用いる方剤ですが、水分貯留とある種の脱水とを同時に介在させている状態に著効する方剤です。その最大の目標は「口渇」と「小便不利」です。喉が渇いてごくごくと水を飲んでも、しばらくするとすぐにまた喉が渇くという状態に適応します。飲んだ水を吐いたり下したりすることもありますが、とにかく水分をいつまでも消化管から吸収できずに口渇が続きます。東洋医学的に言えばこれは脱水の一症状であり「胃燥」と呼ばれています。そのため、夏場の脱水や食あたり、感染性胃腸炎などで運用する機会が多い処方です。

メニエール病でも吐き気や嘔吐が起こります。そのため五苓散が運用される機会が多いのですが、実際にはあまり効果的とは言えないことが多いのです。その理由はメニエール病では「胃燥」がほとんど起こってこないからです。メニエール病の発作時では口渇を起こすどころか、胃の気持ち悪さと吐き気のために水が飲めません。これは「胃燥」の状態ではなく「痰飲」の病に属しています。そのため「飲病」の範疇である沢瀉湯や苓桂朮甘湯の方が基本処方としてふさわしく、また臨床的にもこちらの方が効果的です。

●飲病治療とその段階
そして「飲病」の治療方法を基に、そこから陽気の弱りの程度に従い薬方を選択していくことが一般的です。本来身体の水を循環させる動力は陽気であり、この陽気が落ち込むほど水の循環は弱くなります。具体的には苓桂朮甘湯の適応者よりも陽気の弱さが際立つならば、真武湯などの附子剤を用いて対応することが多いと思います。ただし、陽気が弱まり水の循環が弱まるほどに、身体各部に水を到達させることができなくなります。したがって陽弱の者ほど水が強く貯留せず、その分、強力なめまいも起こりにくくなります。つまり真武湯などの附子剤にて治療するべきめまいは、メニエール病の発作時などの強いめまいではなく、長期的に生じているめまいの治療薬・体質改善薬として用いられる機会が多いと思います。

3.利水剤使用時に気を付けなければいけない病態

水毒を去ることを主として治療するべきメニエール病であっても、利水剤を用いているだけでは改善できない病態もあります。むしろ利水剤を積極的に用いると悪化するという場合もあります。先に述べた水の不足が明らかな場合です。

●水の不足に対応するべきめまい
水毒は水の「偏在」ですので、一部に水が溜まっているということは、水が不足している部分も必ず介在します。そうであっても全体から見て水の不足が顕著でなければ、利水剤を積極的に用いるべきです。漢方でいうところの利水剤は、溜まった水を巡らせることで不足している部分に水を補う薬能も持ち合わせているからです。しかし、水の不足が明らかな場合では、ある程度水を満たしてからでないと、いくら水を流そうとしても流れないという状態になります。身体が痩せている方、その痩せ方も枯れ木のような印象がある方、肌も乾燥気味で、夜間に手足がほてったり、口が乾燥して水で口の中を潤したいという感覚のある方。こういった方は一旦「陰水」を補うか、「補陰」しつつ利水を図るという治療が必要になります。メニエール病の発作を何回も繰り替えしている方や、40歳から60歳・更年期以降の女性に多いという印象があります。

●「補陰」の手法
中医学では補陰と言えば地黄を用います。しかしこの場合では地黄を用いる以前に、芍薬や人参を考慮します。例えば苓桂朮甘湯に人参剤を合わせたり、桂枝湯などの芍薬剤を合方したりします。また、めまい治療で有名な半夏白朮天麻湯(脾胃論)はこの段階に用いるべき方剤です。このような水の不足が顕著な場合の水毒では、水の貯留もそれほど強くは起こりません。したがって、メニエールの発作もそれほど強く起こらない傾向があります。つまり半夏白朮天麻湯は強力なメニエールの発作を抑える薬ではありません。めまいと止める薬というよりは、あくまで体内の水の偏在を調えて、めまいを起こしにくくするという薬です。

水の不足が際立っている病態では、補陰をしなければ水は流れません。しかし補陰をあまり強く行うと、一時的に浮腫みが発生することがあります。そのため様子を見ながら利水と補陰とのバランスを図るという治療が必要になります。またメニエール病で多いのが、耳鳴りがずっと残るという方です。メニエール病後の耳鳴りは、水は取れたけれども陰分の不足が改善されていないという場合に発生することがあります。一般的に身体の水を去るよりも、補陰する方が時間がかかります。したがってメニエール病後の耳鳴りは治療に時間がかかる印象があります。

●水の偏在がこじれる前に・・
総じて陰水の不足を強く介在させているタイプのメニエール病では、各種利水剤だけでは改善しにくい傾向があります。特にイソソルビドの長期連用はこの病態を助長させることがあるため、注意が必要です。人は年齢が進むごとに、どうしても陰液を不足させていきます。臨床的にもメニエール病は高齢者である方が治りにくい印象があります。発作を繰り返す方では、放置せずに漢方治療をなるべく早めに検討してください。

関連する記事

頭痛・片頭痛
酒さ・赤ら顔
起立性調節障害
妊娠中・産後の不調
自律神経失調症
更年期障害

当薬局へのお問い合わせ

当薬局ではご来局の上でご相談をお受けしております。下記「ご相談の流れ」をご参照ください。ご予約の際、漢方薬や病に関するご質問などがありましたら、お気兼ねなくお問い合わせください。

ご相談の流れ

また体調のためにお越しになれない方や、遠方にてお越しになれない方のために、電話やメールでのご相談をお受けしております。下記「遠方相談受付」よりお問い合わせください。

遠方相談受付