漢方では「証(しょう)」という言葉が良く使われます。

患者さんを観た時、葛根湯を使うべき証(証拠)があれば、

それを「葛根湯証」と判断して葛根湯を服用してもらうわけです。

漢方の基本だと思います。

しかし私は「証」という言葉をあまり使いません。

患者さんに観るべきものはあくまで「病態」だからです。

実際の臨床では、漢方処方と直結する「証」など、

都合よく患者さんに用意されているわけではありません。

処方に患者さんを合わせるのではなく、

患者さんに処方を合わせること。

「証を探そうと思うな。証に溺れる。」

ある臨床家のこの言葉は真理だと思います。

山梨県 甲府市 「漢方坂本」