病名別コラム

□頭痛・片頭痛 〜なぜ低気圧で頭痛が起こるのか・天気と頭痛との関係〜

「天候に左右される頭痛」=「水毒」=「五苓散」という解釈。しばしば目にするこの解釈では、この手の頭痛を改善することは出来ません。これはおそらく漢方を専門とする多くの先生方が感じていることです。そこで今回は、天候に左右される頭痛というものを漢方家はどう解釈し、治療を行っているのかを解説していきたいと思います。

◆漢方治療概略:「月経痛・生理痛」

月経は女性が自身の健康を維持するための大切なメカニズムである一方、心身ともに負担を強いるものでもあります。特に月経時の腹痛(月経痛・生理痛)はその最たるものです。漢方薬は痛みを抑えるだけでなく、根本的に痛みを生じにくい状態へと導くことが可能です。

□アトピー性皮膚炎 2 ~漢方治療の現状と新しい試み~

アトピー性皮膚炎のような「漫然と継続し続ける炎症」に対して、ひとつの解決策が隣国・中国で提示されていました。中国清代において書かれた『温病条弁うんびょうじょうべん』。その中で提示されていた概念、「温病理論うんびょうりろん」です。

□アトピー性皮膚炎 1 ~どういう治療が行われてきたのか・漢方治療の変遷~

アトピー性皮膚炎はここ半世紀の間に急増してきた疾患です。古典から治療方法を導き出す漢方では、こういった新しい病に対しては未だ治療方法が一定していないというのが現実です。しかしだからこそ新たな試みが続々と誕生しているという側面もあります。

◆漢方治療概略:「動悸」・後編

動悸治療の後編では桂枝・甘草剤(「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」「炙甘草湯(しゃかんぞうとう)」)等と半夏・茯苓剤(「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)「温胆湯(うんたんとう)」「六君子湯(りっくんしとう)」)を用いた漢方治療について解説しています。

◆漢方治療概略:「動悸」・前編

動悸治療の前編では黄連剤(「三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)」「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう))と柴胡剤(「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」)を用いた漢方治療について解説しています。

□メニエール病 ~漢方薬をお勧めする理由・難治性メニエール病と漢方~

メニエール病には漢方薬が良い、そうネットや本に沢山書かかれていますが、確かにこれは事実だと感じます。臨床上、どこに行っても改善しなかったメニエール病が、漢方薬にて改善するというケースを散見するからです。今回は、実際にどうして漢方薬が良いのかという点について、私自身の考えをご紹介していきたいと思います。

□下痢 ~梅雨時期の下痢に効く漢方薬2~

平胃散(へいいさん)と人参湯(にんじんとう)を飲んでも下痢が止まらなかった。それならば基本的には然るべき医療機関に相談していただくことが得策です。しかし常備薬という意味では平胃散と人参湯以外にも良い薬があるのです。そのため蛇足を覚悟してあと二つだけ、梅雨に使われやすい漢方処方を解説したいと思います。

□下痢 ~梅雨時期の下痢に効く漢方薬1~

梅雨に入ると人は「下痢」を起こしやすくなります。また下痢までいかないものの「軟便・泥状便」がずっと続いてしまう方もいます。今回ご紹介する漢方薬は、とにかくすぐに対応して頂けるよう、ドラッグストアさんに置いてありそうな処方を選んでみました。そして出来るだけ副作用なく安全に服用できるものをご紹介致します。

【考察】新型コロナウイルス感染症に求められる漢方治療

新しい病が発生し、それに対して未だ西洋医学的治療薬がない、とういう状況が起こったとするならば、その時は漢方治療にも多くの期待が寄せられるはず。このような状況の時に、求められるもの。それは、新しい病に対応できる漢方薬ではありません。一人でも多くの、東洋医学的な見極めを行える人材です。
タイトルとURLをコピーしました