お会いすることの大切さ

以前、「漢方のデータ化」というものが盛んに行われていた時期があった。

富山医科薬科大学だったかな。間違えていたらごめなんなさい。

「気虚」や「血虚」など、漢方特有の尺度をデータ化するという試みだったと記憶している。

データ化することの目的は、東洋医学的な病態解析に客観性を持たせるためだ。

100人の治療者がいたら、100人が同じように病態を解析できるようになる。

素晴らしい試みだったが、今はもうあまり言われなくなった。

データ化の試みは、あの後どうなってしまったんだろう。最近ふと思い出しました。

白状すると、

漢方家は、東洋医学理論を駆使して人体を把握しているわけでは決してない。

そういう理論や理屈だけでは人は把握できない。

もっと感覚的なものを拠り所にして、人を把握しています。

「この方のこの感じ、前にご相談を受けたあの方に似ている」とか

「昔、〇〇湯で治ったあの人、あの人の不安定さと方向性が一緒っぽい」とか

少なからずそういう感覚的なものを通して病を把握し、治療しています。

なんて曖昧なやり方なんだと、驚かれそうだけれども。

ただしこの感覚は、経験を経る毎に、ものすごい武器になります。

まず治療までの道筋に無駄がなくなる。つまり効き目が早い。

そして何よりも再現性が高まる。あーだこーだ言う前に、バチンと適応処方を導き出せるようになります。

名医と呼ばれる先生方には、このような感覚の鋭さが必ず備わっています。

そしてこの感覚の大切さもまた、良く知っておられます。

ある先生曰く、「患者さんを見て、処方を出すのに5分迷ったら、もう効かない」

ある先生曰く、「話だけ聞いても分からないよ。会えば一発だけどね」

理論・理屈を言うことを、極端に嫌う先生さえいらっしゃる。

これらは皆、感覚的に把握するということが如何に大切かを物語っています。

漢方のデータ化。

もしこの感覚さえもデータ化できるようになったら。

そしたらすごいことだと、思っていたのだけれども・・・。

人はデータ化できない。

だからこそ、お会いすることが大切なのです。