先日の勉強会でお会いした方々は、みなさんとても熱心で、そして熱意をもって参加されている方々でした。

とても遠くからも来られていたみたいで、改めて志の高い漢方家がたくさんいらっしゃるのだなと感じました。

私のコラムを見てくれている方もおられて、とても嬉しく思いました。

基本的に患者さまに向けて書いているものが多い中、改めて良い内容を書いていきたいなと思いながら今、頭に何の整理もなくただポチポチとPCを打っています。

勉強会は若い方が多かったです。

漢方を志す若い方々にコラムをお読みいただけることが、とても嬉しい反面、とても恥ずかしいです。

まぁ、恥ずかしいと言いながら、私自身が「漢方を志す方々へ」などというコラムを書いているのですから言行不一致なんですけれども。

兎に角これからも患者さまにはもちろん、漢方家の皆さまにとってもためになることを書けていけたらなぁと思っておりますけれども。

ただ書くといっても自分自身の経験を書くしかなく・・・

今までマニアック過ぎるからこれは止めていこうとか、これ書いても分かりにくいな・通じないなと思う内容とか、

途中で書くのを止めた内容も結構あるのですが、それを出していこうかなと思っております。

ということで次回は「漢方治療の心得シリーズ」を書きます。

そして結構マニアックで、は?ってなります。

でも、大切なことを書きます。