一時的な寝不足なら、誰でも経験があると思います。

寝て治る寝不足なら、全く問題ありません。

寝不足で一番怖いのは、

寝不足だと感じられない寝不足です。

人は寝不足が当たり前になると、リラックスしようとしなくなります。

一定の興奮状態が当たり前になり、疲れさえ正確に感じることができなくなります。

疲れているけど、それほどではない、だから仕事する。

寝ないとまずいというレベルになっても、そう感じてしまいます。

怖い寝不足は、体の状態と脳の理解とが解離を始めた段階で、

こうなると体への負担が加速していきます。

健康だと自覚している方であっても、
このような状態になったら私は漢方治療を行うべき段階だと判断しています。

そうなる前に寝ましょう。

山梨県 甲府「漢方坂本」