年末のご挨拶

2020年12月31日

漢方坂本コラム

誰もが予想できなかった年、2020年。

多くの方々が、生活に大きな変化を求められる年となりました。

当薬局でも患者さまの安全を確保するべく、

改めてシステムを見直すなど、今後の在り方を模索する1年となりました。

決定的な変化を生じた年として、2020はきっと後世に語り継がれる年になるはずです。

変化を恐れず、そして前向きに、これから迎える新時代へと進んでいきたいと思います。

毎年恒例のカルテ整理。

今年も本当にたくさんの方々にご相談を頂きました。

皆さま一人一人のお顔やお声が浮かびます。

長く治療させて頂いている方も、今年はじめてお会いできた方も、

治療にたずさわれた「縁」を大切にしながら、これからも変わることなく尽力させていただきます。

良い漢方治療とは何か。

漢方の正道を守っていくためにはどうしたらよいのか。

永い東洋医学の歴史の中で、私たちは今、どういう石を投じることが求められているのでしょうか。

有限の生薬。医療の中での位置づけ。

漢方には沢山の課題がある。それをこのコロナ禍の中で考えていかなければなりません。

難しいことだらけです。

しかし、だからこそやるべきこと。

漢方を必要とされている患者さまに、一人でも多くの患者さまに、

考え得る最大限の治療をお届けできるよう、日々邁進していきたいと思います。

今年最後の日。

思うことは、やはり患者さまたちのこと。

コラムを楽しみにしているというお言葉に、

相談して良かったというお言葉に、

今年一年、どれだけ助けられ、救われてきたか、計り知れません。

深く大きな感謝を込めて、本当ありがとうございました。

来年もまた、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

甲府より、関わらせて頂いた全ての方への感謝の想いを込めて。

漢方坂本・店主 坂本壮一郎

タイトルとURLをコピーしました