広告と体験

By 2019年10月8日 コラム, 雑記

クロネコヤマトの宅急便。

その集荷センターの壁と、架けられたクロネコの絵。

別にオシャレでも何でもないけれど、写真を撮ってしまった。

猫好きはどうしても猫に反応してしまう、という写真です。

それはそうと、

ネットなどの広告に書いている文言、その判断ってとても難しいなと思う。(唐突)

とても素晴らしいことをやっている、と書いてある。

それを見て、ほんとかなぁ・・と思ってしまう。これは誰しもが少しは感じると思う。

しかし、そこの商品を実際に見る。接客を受ける。納得する。買う。

本当に素晴らしいんだと実際に体験すると、

今までほんとかなぁと思っていた広告が、

この文言ではすばらしさを到底表現しきれていない、とまったく逆に感じるものである。

どんなに広告で上手に説明していても、そこで完結しているわけがない。

実際に行って、見て、話しをして、という経験こそが、説明を充分足り得るものにする。

これだけ情報にあふれた世界になっても、

実体験こそが重要であるということに、何も変わりはないのだと思う。