当たり前のこと

By 2019年11月30日 コラム, 雑記

当然と言えば当然のことなのですが、

自分の中で「漢方」という仕事が当たり前になっています。

これ、決して良い意味でなくて、

そのことに最近ふと、大丈夫か・・?と思うことがあります。

草(くさ)で病を治す仕事である。

ワタシハ、草ヲ使ッテ、病ヲ治シテイマス。

謎でしかない。

もし自分が漢方の世界に入っていなければ、言っていることが、謎すぎて怖い。

今はもう躊躇がない。草を使う。ふんだんに使う。ときに石も使う。貝殻だって当たり前に使う。

こんな謎の治療にお付き合いしてくれる患者さまには、本当に感謝しかない。

当たり前のことが、

本当は当たり前じゃないんだよな、というこの感覚。

自分としては大切なことだと思っています。

自分にとって当たり前のことが、患者さまにとっては決して当たり前ではない。

だからこそ、しっかり説明していきたい。

治療をしていく上で、私が考えていることをすべて、

患者さまにはちゃんと伝えていきたいと思います。