最近体調を崩されている方々へ

TOPページのお知らせ覧にもあるように、

今週土曜日20日は私が不在となります。

土曜日にお問合せ頂いた場合は、

大変申し訳ございませんが、折り返しのご連絡が翌週月曜日になってしまいます。

そのためお急ぎの方は、

金曜日までにご連絡いただけますよう、よろしくお願い致します。

6月も中盤を過ぎましたが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

妙に仰々しいコラムの始まり方ですが、

それにはちょいとしたワケがございます。

最近、体調を崩しているという方、多いと思います。

漢方治療によって改善へと向かっていたのに、

何故か症状がぶり返している。

当薬局でもそんなお問合せが、

ちらほらと増えてきています。

だから一日店を空けてしまうことが、

少し心配でもあるのです。

最近起こりやすくなっている体調不良ですが、

おそらく多くが一時的なもので済むと思います。

せっかく良くなっているのにと不安に思われている方も、

然るべき対応を行えば、必ず落ち着いてきますのでご安心ください。

体調が不安定になる理由は「天候」です。

天候の急激な変化、

これが自律神経を強力に乱しているためです。

天候が?と半信半疑になる方もおられると思いますが、

実は天候が人に及ぼす影響というのは非常に強力です。

特に今は急激な気温の上昇と、急激な気圧の低下という、

ダブルパンチで甚大な影響を与えている最中です。

もうちょっと分かりやすく言うと、

日本というコップの中の水が、二本のマドラーでどっぷんどっぷんと撹拌されている感じ。

私たちはそのコップの中にいる。

もうぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜられている感じです。

・・・・・分かりにくいですよね。

これ、本当にそういうことなのですが、

ごめんなさい。確かに分かりにくいです。

天候と人体というテーマで、

いつかちゃんとしたコラムを書こうと思います。

東洋医学では外寒とか外湿とか、外気が人体に影響を与えるということを重視していますが、

私が言っているのはそういうことではなくて、

つまり東洋医学思想とかそういうことではなくて、

もっと現実的に天候は人に影響を与えますよというお話です。