人の辛さは、あくまで人の辛さ。

それは辛いね、大変だねと、どんなに共感した所で、

患者さまと同じ辛さを感じることが、私にはできません。

ただ、

その辛さの質や原因を、毎日毎日想像しているうちに、

だんたんと少しずつ分かるようになってきた、最近、そんな気がしています。

程度というか、自分に置き換えたらというか、

これは辛いだろうにという感覚が、昔よりは正確に分かるようになってきた気がする。

そして同時に、分かるようになってきました。

患者さまは皆一様に、とても「強い」ということを。

様々な体調不良を抱え、

病院に行っても理由がわからない、

治療方法がない、治らないという方々。

今にも押しつぶされそうな、弱る気持ちを抱えながらも、

それでも希望を失わず、当薬局にお越しになる患者さまたち。

不安につぶされず、前を向いておられるからこそ、

来局という行動に移せた。それ自体が、強さ以外の何物でもありません。

私と話をして、笑顔を見せる方。

話の後に、治療の覚悟を決められた時のその表情。

辛い中、不安な中、本当に強い気持ちを示してくれている。

人として、尊敬するべき強さです。

そして私の行っていることは、

そういう純粋な強さに支えられているのだなと。

患者さまの強さに支えられているからこそ、

治すためには何をすれば良いのかを一緒に探すことができます。

その強さを示していただけるからこそ、

手間のかかる煎じ薬を、努力を強いられる養生を、ご提案することができるのです。

不安もある、弱さも勿論ある。

でも治療に希望を見いだせるのは、患者さまの人としての強さです。

臨床を始めて十余年。

そういうことが、だんだんと分かるようになってきました。

綺麗ごとではなく、

頭で理解しているというわけでもなく、

ただ毎日毎日、淡々と患者さまのことを想像し続けただけ。

そうしたら、少しずつ分かるようになってきました。

当薬局にお越しになられた患者さまの中には、

本当に弱い方など、誰一人としていらっしゃいません。