漢方は魔法ではない。

ちゃんと理論・理屈がある。

ただ治療者によってその理論が違う。

良い意味でも悪い意味でも、それが真実です。

一般的な理論というものも確かにあるのだけれども、

そしてそれは基礎勉強としては大切なんだけれども、

ただ治療においてはあまり役に立ちません。

だから自分で見つけていくしかない。

そうすると、どうしても個々の漢方家で考え方が違ってきます。

間違った理論もたくさんあるけれど、

正解もたくさんある。

漢方理論が曖昧に感じられやすい理由です。

でも、何事もそういうものですよね。