1gとして無駄にできない。

生薬を、である。

夙にそう思っていたが、最近特にそう思う。

特殊な植物たちである。

一般性が低い分、必要とされなくなれば消滅は早い。

自分の仕事はこの子たちを生かす仕事でもあるだなと、改めて思いました。

無駄のない処方を作り、

なるべく最短のルートで治療へと導く。

そういう私たちの腕前が、

今後より一層求められていくのだと思います。