省みる

By 2020年6月4日 コラム, 雑記

治療の難しさを痛感している。

適切な治療法を紐解き、的確な処方をお出しする。

それだけで治療が終わるのであれば、これほど簡単なことはない、と思う。

治療はそれだけでは決して終わらない。改善へと導くことは出来ない。

マラソンのような、「道のり」の中で進んでいくのが治療であり、

その道のりには、様々な要素が複雑に絡んでくるからである。

一時症状が良くなったとしても、体調はさまざまなことで変化する。

天気・ストレス・食事・睡眠、これらで症状は大きく波打つし、

時には患者さまの不安や焦りが、大きな壁となって治療の道のりを塞ぐこともある。

人は一日として同じ体調ではない。毎日毎日、かならず変化する。

その変化を見越して先手を打てるかどうか。

先の未来をどれだけ的確に想像できるかどうか。

あの時、あれをお伝えしておけばよかった。

あの時、あれはまだ言うべきではなかった。

今までどれだけ痛感してきたか。

なのに、まだまだ力不足である。

治療は「道のり」であるということを、

何度も何度も、自分に刷り込まなければならない。