昨日、仕事が終わって着替えている時、

危うく白衣の胸ポケットにしまっていた葉っぱを、潰しそうになってしまった。

あぶないあぶない。

患者さまと一緒に来たお子様から頂いた、大切な葉っぱである。

白衣から慎重に取り出して、店に飾った。

多分、誰も気が付かないだろう。店の守り神の隣に、そっと置いておくことにした。

患者さま曰く、緑ヶ丘の公園の葉っぱだそうだ。

持ってきてくれたのは、まだ小さな子で、

髪の毛がくるんくるんにカールしている。

この前、円状の物体はとにかくパップだと(どうやらその子の中で「お日さま」という意味)、

私に教えてくれた。そんなかわいらしい子である。

緑ヶ丘で遊んでいる時、

葉っぱを見つけて私にプレゼントしようと決意してくれたようだ。

「せんせー、どうじょ。せんせー、どうじょ。」と言いながら、ここまで大切に持ってきてくれた。

でも最後はどうじょって、言うことが出来ませんでした。

これ先生のせいです。緊張したよねホントごめん。

先生デカくて恐怖だよね。でも嬉しいです。本当にありがとう・・・。

これ多分、なんて事の無いエピソードですよね。

でもこの店にはそういうものが詰まっている。だから私はここが好きです。

記憶や思い出は、絶対に空間に染み込むと思う。

この店に入ってきた患者さまに、生薬の良い香りですねと言っていただけることがあるのだけれど、

それはきっと記憶の香り。

染み込んだ記憶が、生薬の香りとなってこの店に舞っているのだと思います。

だから、一日一日微妙に匂いが変わるんじゃないかな(そうだと面白いのに)。

昨日、葉っぱの香り(思い出)が追加されました。