今日のテーマは「買い物」。

上手に買い物をするためにはどうしたらよいのでしょうか。

そんなお話を、独断と偏見とでしゃあしゃあと語ってやろうと思います。

大切なお金を使うのであれば、出来るだけ「良い」ものを買いたいと思う。

その心理はおそらく誰でも共通していると思うし、

今も昔も変わらない、時代を越えた意見だとも思っています。

ポイントは「良い」ものとは何か、ということ。

自分にとって丁度良いものには確かに「良さ」があるし、

所有者によらずその物自体が持っている「良さ」も確かにあるわけで、

つまり何をもって「良し」とするかはとても難しい問題で、

むしろ買い物の難しさは、そのことに集約されてくるのだと思っています。

「良い」ものとは何か。

それを知るためには情報が必要です。

そういう意味で、現代はパラダイス。

無料でいくらでも情報を得ることが出来るからです。

口コミや評価など、それを購入した人の意見もたくさん見れる。

情報の精度もそこそこ良いでしょう。多分。

ある程度高評価の商品ならば、買って損したということはあまり無い気がします。

確かに素晴らしいシステムなのですが、

でもね、と。少し思ってしまうのです。

その買い物って、「勉強」になるのかな・・・と。

「良い」ものとは何か。

この問題は、とても難しい。

今も昔も「良さ」とは何かを人々は追及してきたはずなのに、

未だに定まってない。それほど難しい命題です。

であるならば、「良い」ものとは何かを「勉強」することが必要です。

解答はどこかに落ちているものではなく、

あくまで自分で見つけるもの。買い物をしながら勉強するものです。

その商品を扱っている専門家と話し、

疑問を投げかけ、意見を聞いてもらい、

買って使ったあとの感想を伝え、提案を聞き、

より「良い」ものを選択できるようになっていく。

なるほど「良い」ものとはそういうものなんだなと、

そうやって勉強していけるからこそ、買い物が上手になっていくのだと思います。

「おススメです」という文字に嘘がなくても、

その時だけの買い物にたとえ満足したとしても、

それって、買い物が上手になっているのでしょうか。

情報化社会は、買い物を上手にするシステムなのでしょうか。

コロナウィルスの影響で、景気がどんどん下がっている現在、

本当はどんどん物を買った方が良いという時なのかも知れません。

でもそんな今だからこそ、ちょっと考えてみました。

上手な買い物とは何かについて。

良いものとは何かについて。